アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「七十二候」のブログ記事

みんなの「七十二候」ブログ

タイトル 日 時
芹乃ち栄う…タネツケバナだけど
芹乃ち栄う…タネツケバナだけど 小寒の初候、第67候は、昨日6日からの「芹乃ち栄う(芹乃ち栄う)」です… まさに今日は、「七草粥」、クリスマスからお正月と、お腹がもたれているところには、ビタミンたっぷりのお粥がいいかも? ということで「芹」ですけど、ありそうでなかなかないんですよね。 人参の葉っぱでもいいんですけど、野草じゃないし、じゃ、葉っぱの形が似てるヤブジラミでもいいんですけど、名前がイマイチなので、ここはアブラナ科になっちゃいますけど、食べて美味しい?ご近所探検のおうちの庭のタネツケバナです… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/01/07 18:20
雪下りて麦のびる_…菖蒲?だけど
雪下りて麦のびる_…菖蒲?だけど 冬至の末候、第66候は元旦からの「雪下りて麦のびる(ゆきわたりて むぎのびる)」です… 春小麦なんでしょうか?秋に蒔かれたムギが雪の下で伸びてくるということでしょうね。 まさに、冬来たりなば春遠からじ、みたいな。 残念ながら麦畑がないので、菖蒲(アヤメかな?)です。 っていうか、これももっとおかしいんですけど、お正月用の生花ということで、入り口に生けてるものです。 チューリップとかも、おかしいといえばおかしいんですけど、一足早く春ということで… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2015/01/02 18:37
さわしかの角おつる…ホンモノ
さわしかの角おつる…ホンモノ 冬至の次候、第65候は、今日27日からの「麋角解(さわしかのつのおつる)」です… この七十二候、まさにその時期にピッタリな内容も多いんですけど、なかなかピッタリな写真が撮れないことが多いんですよね。 でも、今回はピッタリな写真ですよ。 しかもホンモノの「鹿」。 というわけで、昨日、法隆寺の「昇り龍、下り龍」の記事を書いた時お話したように、京都の「とある庭園散歩」のついでに足を伸ばして奈良にも行ったんですよね。 で、法隆寺のついでに東大寺にも行ったんです。 ということは、若草山ですから... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 6

2014/12/27 19:25
やっぱり冬至には、カボチャ…
やっぱり冬至には、カボチャ… 昨日が冬至… ただ、残念ながらガボチャもゆずもなかったので、せめて、ということでカボチャだけ煮てみました。 いろんな食べ方だあるけど、煮付けがやっぱりオーソドックス、ホクホク温まりますよね。 冬にカボチャと言うのは、今ではカロチンやビタミンが豊富ということで意味づけされてますけど、昔は冬まで保存の効く野菜って他にはあまりなかったんでしょうね?… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2014/12/23 19:03
乃東生ず…冬至の日の朝
乃東生ず…冬至の日の朝 今日は、冬至です… 冬至の初候、第64候は、今日22日からの「乃東生ず(なつかれくさ しょうず)」。 「乃東」って、ウツボグサ(靫草)のことらしいですけど、残念ながら周りには見当たりません。 夏には枯れるから「なつかれくさ」だそうですけど、今頃ほんとに生えてるのかな? ということで、今までこの候とか、ちょうど反対の「乃東枯る」の時に取り上げてきた、ヨウシュヤマゴボウとかタツナミソウとかノビルとかサツマイモにリンクを張っておきます。 今日の日の出は7時をまわりいました。冬至を過ぎてもまだ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

2014/12/22 19:24
さけの魚群がる…たい焼きだけど
さけの魚群がる…たい焼きだけど 大雪の末候、第66候は、昨日17日からの「さけの魚群がる」です… 鮭ならいくらでもレシピがご紹介はできますけど、ちょうど今はお弁当の冷凍食品くらいしかないので、新鮮なところで、たい焼きをご紹介。 昨日、とあるオフィスのスタッフが買ってきてくれたんですよね。 パッと見た感じ、普通のたい焼きですけど、中身がさつまいも餡。 ちょっと新鮮な美味しさでしたよ… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2014/12/18 18:00
熊穴にこもる…地域家猫だけど
熊穴にこもる…地域家猫だけど 大雪の初候、第61候は、今日12日からの「熊穴にこもる(くま あなにこもる)」です… 去年のこの候では、奈々が毛布にくるまっている様子をご紹介しましたけど、今回は同じアメショーでも地域家猫のアメショーをご紹介します。 この猫、マッチョなアメショーとして2回ほどご紹介しましたけど、ますます貫禄が出てきましたね。 ”奈々もこの子みたいになるの?”… ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 3

2014/12/12 19:43
閉塞冬となる…月齢17.0 昨夜の月
閉塞冬となる…月齢17.0 昨夜の月 大雪の初候、第61候は7日からの「閉塞冬となる(そらさむく ふゆとなる)」です… このところ冷たい日が続いて、空も時雨網様でした。 そのせいか、夜空も水蒸気たっぷりで、肉眼では綺麗に見えている月も写真にはスッキリ写ってくれませんでした。 昨日は、多少気温が戻って凌ぎやすかったうえに、月の方は比較的綺麗に撮れました。 上空の水蒸気、多少空気中に吸い取られたのかな?… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/12/10 18:55
橘始めて黄ばむ…キンカンの季節
橘始めて黄ばむ…キンカンの季節 以前にもご紹介しましたけど、2日からは、小雪の末候、第60候の「橘始めて黄ばむ(たちばな はじめてきばむ)」です… 橘って、蜜柑の元祖ですけど、温州みかんばかりが蜜柑じゃないということで、今日はキンカンをご紹介。 普通は身を食べますけど、キンカンは皮が色々と活用されますよね。 いろんなレシピがあるようですけど、どれも素敵な色をしています。 今頃からがちょうど旬のようで、宮崎県が7割を生産しているそうです。 あ、薬の「キンカン」は、「金柑」じゃなくて「金冠」なんだそうですね… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2014/12/04 20:27
橘始めて黄ばむ…コタツミカンが恋しい
橘始めて黄ばむ…コタツミカンが恋しい 今日2日からは、小雪の末候、第60候の「橘始めて黄ばむ(たちばな はじめてきばむ)」です… 今日からぐんと寒くなって、と言ってもこれが普通なんでしょうけど、冬らしくなってきました。 冬といえば、「炬燵・蜜柑」なわけで、そこに猫がいると最高ですよね。 で、このミカン、普通はウンシュウミカン(温州蜜柑)なわけですけど、中国の温州原産ではなく日本の不知火海沿岸が原産らしいんだそうです。 蜜柑も、そろそろ中手になっているようです… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 6

2014/12/02 19:18
朔風葉を払う…気温、10度も下る
朔風葉を払う…気温、10度も下る 小雪の次項、第59候は、11月27日から12月1日までの「朔風葉を払う(きたかぜ このはをはらう)」でした… はじめにこの七十二候の記事を書いた時や、昨日もう一度「寒くない木枯し 月齢9.0」として書いた時と比べると、気温がぐんと下がりました。 ご覧のように午後2時半頃で、摂氏8℃、昨日と比べると10度ほど下がっています。 ちなみに、今日の最高気温は東京都 父島 の23.8℃だそうです。 昨日トップだった沖縄の北大東(26℃)は、今日20.0℃、6℃下がってます… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 3

2014/12/02 19:06
もう一度、朔風葉を払う…寒くない木枯し 月齢9.0
もう一度、朔風葉を払う…寒くない木枯し 月齢9.0 今日から12月… 数日前、七十二候で小雪の次項、第59候、27日からの「朔風葉を払う(きたかぜ このはをはらう)」を書きました。 その時は、気温が20℃オーバーで、とても北風ヒューヒューという感じではありませんでしたけど、なんだか今日は風がすごく強い一日です。 ホントは「木枯し」と言いたいところですけど、風は強いものの気温がやはり高い(沖縄の北大東では26℃)ので、木枯しとはいえませんね。 月の方は月齢9.0、風が強い分、ピントがしっかり合いませんでした… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 3

2014/12/01 19:37
虹かくれて見えず…なのに虹が
虹かくれて見えず…なのに虹が もう過ぎましたけど、小雪の初候、第55候は、7日から26日までの「虹かくれて見えず」でした… 乾燥してくる時期で、虹も見えなくなるということですけど、たまたま今日10時頃、北の空に薄い虹がかかってました。 昨日から今日にかけて時折雨が降るお天気でしたから、空には水蒸気がいっぱい状態。 虹が見られるのはいいですけど、変に生温かくてかえって気持ちよくないですよね。 一応雲は通過したみたいですけど、冬らしくなってくれるでしょうか?… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 5

2014/11/29 18:57
朔風葉を払う…パート2 何と20℃オーバー
朔風葉を払う…パート2 何と20℃オーバー 一つ前の記事でも書きましたけど、小雪の次項、第59候は、27日からの「朔風葉を払う(きたかぜ このはをはらう)」です… ただ、「北風」とは裏腹に今日は暖かかったこと。 沖縄の波照間では、今日の最高気温が28,9℃、夏ですよね。 でも、この辺りでも午後5時まで21℃、少し汗ばむくらいの気温でした。 「朔風葉を払う」じゃなくて、「朔風を払う」になっちゃいましたね… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 3

2014/11/28 18:54
朔風葉を払う…パート1 蔦、抗う
朔風葉を払う…パート1 蔦、抗う 小雪の次項、第59候は、27日からの「朔風葉を払う(きたかぜ このはをはらう)」です… 今日は大変暖かい一日でしたけど、そろそろ北風の季節ではあります。 でも、丘の法面に匍うツタは、ご覧のように綺麗に色づいて、しかもしっかり張り付いています。 去年は12月になってもきれいな赤にはなっていませんでしたから、今年の紅葉の方が早いようです。 これから本格的な北風が服用になるでしょうけど、最後の一葉までしっかりくっついて頑張れ… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 6

2014/11/28 18:46
虹かくれて見えず…今朝の朝焼け
虹かくれて見えず…今朝の朝焼け 小雪の初候、第55候は、7日から昨日までの「虹かくれて見えず」でした… 元々中国内陸部では冬に雨がふらないので、そんな季節になりました、みたいな感じなんでしょうけど、昨日、一昨日と雨が降った日本です。 さてさて、これは今朝7時過ぎの朝焼けです。 今日あたりだと、6時40分過ぎには太陽が出てるはずですけど、丘のせいで7時を過ぎてもこんな感じ。 でも、おかげで出勤前にオレンジ色に輝く朝焼けがまだ見られます… ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 3

2014/11/27 19:20
金盞さく…ハテナなキク科だけど
金盞さく…ハテナなキク科だけど 立冬の末候、第57候は、今日17日からの「金盞さく(きんせんか さく)」です… 私的には、あんまり好きな花ではないんですけど、同じキク科ということで、公園の花壇の隅に咲いていたキク科の花をご紹介しておきます。 ところで、金盞花の「盞」の字って、さかずきという意味らしいですから、「金の杯」の花ということですね。 一重のキンセンカもあるらしいですけど、そのほうが可愛いかな?… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/11/17 18:27
地始めて凍る…ムラサキゴテンの雨粒
地始めて凍る…ムラサキゴテンの雨粒 立冬の次候、第56候は、12日からの「地始めて凍る(ち はじめてこおる)」です… いくら気温が一桁になったからといって、さすがに霜が降りるのはこの辺ではまだまだ先です。 この2日、時々雨が降ったりしてたので、ぐんと気温が下がるということがなかったんでしょうね。 そのかわり、ムラサキゴテンの上には、冷たい雨粒がのっています… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/11/14 19:40
山茶始めて開く…サザンカ? やぶ椿?
山茶始めて開く…サザンカ? やぶ椿? 立冬の初候、第55候は7日からの「山茶始めて開く(つばき はじめてひらく)」です… とある林際で見つけた花ですけど、これってサザンカですよね? できればやぶ椿だったらいいのにな、と思うんですけど、もうちょっとあとでしょうね。 でも、サザンカって漢字変換すると「山茶花」と出るのに、「山茶始めて開く」は、”つばき はじめてひらく”なんですね?… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2014/11/11 18:13
楓蔦黄ばむ…ツタの盆栽だけど
楓蔦黄ばむ…ツタの盆栽だけど 霜降の末候、第54候は今日2日から6日までの「楓蔦黄ばむ(もみじつた きばむ)」です… 一つ前の記事でも書きましたけど、このところの雨模様で、周りの景色はしっとり、落ち着いた色になっています。 これは、どういうわけかうちの花壇に置かれている盆栽少年のツタの盆栽ですけど、葉っぱがすっかり紅葉して、そろそろ枝だけになりそうです。 また来年まで、お休みですね… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/11/02 16:22
小雨ときどきふる…ツタ、鮮やか
小雨ときどきふる…ツタ、鮮やか 霜降の次候、第53候は10月28日から昨日までの「小雨ときどきふる」でした… 確かにここ数日、雨模様が続いています。 晩秋の秋というのもなんとなく物悲しいものですけど、とある丘際のコンクリート壁に匍うツタやクズの葉は、濡れたコンクリートに鮮やかです… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2014/11/02 16:16
霜始めて降る…桜に置く朝露
霜始めて降る…桜に置く朝露 昨日23日は、「霜降」です… 読んで字のごとく、23日から27日までのその初候は、「霜始めて降る」。 朝夕はめっきり寒くなりましたが、まだ霜というところまではいきません。 ということで、綺麗に色づいた桜に置く夜露です… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/10/24 19:16
蟋蟀戸にあり…クビキリギスとウマオイだけど
蟋蟀戸にあり…クビキリギスとウマオイだけど 寒露の末候、第54候は、18日からの「蟋蟀戸にあり(きりぎりす とにあり)」です… 秋の虫が、入り口でで鳴いているわけですけど、寒くなってきて開けてと言ってるのに、中の蟻さんは開けてくれないんでしょうね。 写真の上は、クビキリギス、下はウマオイです… ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/10/21 19:34
菊花開く…キク科 3種 パート2
菊花開く…キク科 3種 パート2 寒露の次項、第50候は13日からの「菊花開く」、パート2は、ややこしやのキク科「ノコンギク」です… どうですか? ノコンギクっぽいかな? 葉っぱの拡大とか、総苞を裏から撮ったりとか、花を分解したりとか。 う〜ん、そこまでやると花を愛でる写真じゃなくなるので、このへんで。 この頃は、色がグングン良くなってます… ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 6 / コメント 5

2014/10/14 18:41
菊花開く…キク科 3種 パート1
菊花開く…キク科 3種 パート1 寒露の次項、第50候は13日からの「菊花開く」です… 一口に「キク科」といっても恐ろしいほどたくさんありますから、同定ははじめからその筋の方にお任せ状態として、今回は、次の3種。 一つ目は、たぶんオオキンケイギク。 葉っぱが写ってませんけど、舌状花の先端部は大小に4〜5裂して同色の筒状花ということで。 2つ目は、タカサブロウ。 アメリカかどうかは種ができてからということで。 3つ目は、う〜ん、ノコンギク? 葉っぱがザラッとしててまばらな鋸、表面に短い毛、頭花が茎の上に幾つか。 3... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 6

2014/10/14 18:35
鴻雁来る…天高く、台風の予感?
鴻雁来る…天高く、台風の予感? 寒露の初候、第49候は、8日からの「鴻雁来る(こうがん きたる)」です… でも、残念ながらこの辺りに雁が渡ってくるような場所が見当たらないので、空をみあげてみました。 ご覧のように秋の空、ちぎれ雲がなんとなく台風の予感でもあります。 ということで、よく見せて頂いている高知大学気象画像頁で、台風の雲を見ましたけど、凄く大きな雲ですね… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/10/10 18:36
水始めて涸る…スイレンは咲く
水始めて涸る…スイレンは咲く 秋分の末候、第48候は、今日3日からの「水始めて涸る」です… 田んぼの水がなくなる頃ということでしょうけど、最近では稲刈りが早くなってるそうですね。 でも、某公園の池のスイレンは、また咲き始めました。 というか、梅雨頃から9月にかけて咲いていたんですけど、10月に入って、花が咲かなくなっていました。 ところがここ数日、けっこう暑い日が続いているんですけど、こんな感じでまた咲き始めました。 公園の池は、水が枯れませんから… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/03 19:13
虫かくれて戸をふさぐ…クビキリギスだけど
虫かくれて戸をふさぐ…クビキリギスだけど 一つ前の記事で、秋分の次候、第47候、28日からの「虫かくれて戸をふさぐ」を書きました… ゾゾゾなリンクと、正確にいうと節足動物を載せちゃったので、せめて昆虫ということで、パート2は、クビキリギスです。 頭がシャープに尖っていて、なかなか格好良いと思うんですけど、どうでしょう? ところで、ひっくるめてバッタといいますけど、キリギリスとバッタとコオロギは違う、という「虫愛ずる人」もいるんですってね… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/09/30 19:10
虫かくれて戸をふさぐ…ワキグロサツマノミダマシだけど
虫かくれて戸をふさぐ…ワキグロサツマノミダマシだけど 秋分の次候、第47候は、28日からの「虫かくれて戸をふさぐ」です… 啓蟄の初候、第7候の「すごもりの虫戸を開く」と対になる候ですね。 去年は「すごもりの虫戸を開く」で、てんとう虫をご紹介しましたけど、今年はカイガラムシになっちゃいました。 去年の「虫かくれて戸をふさぐ」はカメムシ、一昨年はヤスデでした。 これではいかにもゾゾゾなので、今年こそはと思ったんですけど、これといった虫を探せませんでした。 それで、またまたゴメンナサイですけど、今回はワキグロサツマノミダマシです。 背中という... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/09/30 18:54
秋はお萩、きな粉餅もどうぞ…
秋はお萩、きな粉餅もどうぞ… 同じあんころ餅ですけど、春は牡丹餅、秋はお萩ですよね… ということで、一昨日のお彼岸の話題で、お萩です。 ご近所探検のおうちのお婆さんに戴くお萩は、粒餡と漉し餡が絶妙に合わさっていますけど、これはちょっと粒が荒いかな? ついでにきな粉餅もありますけど、大豆自体はもう少しあとの秋の終わりだとしても、食べごろは今、お萩と一緒のほうがいいですね… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/09/25 18:03
「鶺鴒鳴く」&「玄鳥去る」…な、ScanTalk
「鶺鴒鳴く」&「玄鳥去る」…な、ScanTalk 七十二候の記事、ちょっとサボっちゃってました… というか、鳥の写真、なかなか撮れなかったんですよね。 白露の次候、第44候が9月13日から17日までの「鶺鴒鳴く(せきれい なく)」、末候で第45候の「玄鳥去る(つばめ さる)」が18日から22日までだったんですけど、どちらも鳥の話題。 セキレイの恋の季節、燕の南国への帰郷の季節なわけですけど、うまく出会わなかったんですよね。 で、取りまとめて、こんな形で。 某オリンパスのScanTalkという製品、もう10数年前に製造中止になってるらし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/24 17:09
秋分の日…雷乃ち声を収む google ロゴ
秋分の日…雷乃ち声を収む google ロゴ 今日23日は、秋分の日、秋のお彼岸です… 秋分の初候、第46候は「雷乃ち声を収む(かみなりすなわち こえをおさむ)」。 大気の状態も安定して、積乱雲による雷も鳴らなくなってくる頃、というわけですね。 っていうか、今年はあんまり雷も鳴らなかったように思いますけど。 で、画像は今日のgoogle ロゴ。 紅葉が落ちちゃうと、ご想像のようにgoogle の文字が登場します… ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/23 17:28
ちょっとバック…禾乃ちみのる
ちょっとバック…禾乃ちみのる 七十二候の記事、少し戻っちゃいますけど、9月2日から7日までは、処暑の末候、第39候の「禾乃ちみのる(こくもの すなわちみのる)」でした… 前回は、ヨウシュヤマゴボウを出しちゃって、いかにもだったので、もう一度まじめに。 ということで、とあるお家の前を通るとバケツ稲を発見。 多分、ここの子供が夏休みに観察してたんでしょうね? ということで、なんとか実っているようです… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 6

2014/09/10 18:22
草露白し…ドライアイスだけど
草露白し…ドライアイスだけど 今日は中秋の名月で「白露」、七十二候でいうと「草露白し」です… 確かに朝夕は涼しくなって、ススキに夜露が似合うころになってきました。 夜、ススキ野原に出かけて夜露の写真を撮るか、朝露に濡れる萩の花を撮るといいところなんですけど、今回は秋の霧、ということでドライアイスの蒸気を。 う〜ん、風情も何もないですねぇ… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/09/08 20:27
白露、名月に咲くギボウシ…
白露、名月に咲くギボウシ… http://harold.at.webry.info/201409/article_58.html、久しぶりに夜空が晴れています… そういえば、この頃夜といえば雨が降っていたんですよね。 こんな夜に似合うのは、月下美人かもしれません。 今回は、夜にも鮮やかなギボウシです。 辺りが、ホワンと明るくなっています。 今日は「白露」です… ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 5

2014/09/08 19:57
禾乃ちみのる…ヨウシュヤマゴボウだけど
禾乃ちみのる…ヨウシュヤマゴボウだけど 処暑の末候、第42候は、2日からの「禾乃ちみのる(こくもの すなわちみのる)」です… 残念ながら、穀物が身近にないので、ヨウシュヤマゴボウです。 とあるお家の庭に、植えてるんじゃないの?と思うくらい大きな株が一斉に実をつけていました。 これが黒く熟してくると壮観でしょうね? でも、ひょっとしたらホントに植えてるのかな?… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 3

2014/09/04 19:02
う〜ん、秋だなぁ、な奈々…天地始めてさむし
う〜ん、秋だなぁ、な奈々…天地始めてさむし 処暑の次候、第41候は、28日からの「天地始めてさむし」です… たしかに、このところ天候不順で、雨がよく降ったりして、朝夕が涼しくなってきていますよね。 で、ガンダム少年と盆栽少年のうちの家猫、奈々なんかも外を眺めて、”う〜ん、秋だなぁ…”なんて感慨にふけってます。 で、結局は、猫タワーに入ってお昼寝… ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 3

2014/08/30 17:19
綿のはなしべ開く…ちぎれた綿雲
綿のはなしべ開く…ちぎれた綿雲 今日は、処暑、夏の暑さもそろそろオシマイというわけです… 確かに、影に入ると暑さが和らぐ気もしますけど、涼しいと感じるまでには、まだまだかかりそうですね。 というわけで、処暑の初候、第40候は、今日23日からの「 綿のはなしべ開く 」です。 地上の暑さはまだまだでも、確かに空を見ると秋の雲が出ていたり。 というわけで、ちぎれた綿雲風です… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/08/23 18:22
深き霧まとう…木槿
深き霧まとう…木槿 立秋の末候、第39候は、18日からの「深き霧まとう」です… まとわりつくような、濃い霧が立ち込める頃ということでしょうけど、朝夕気温が下がって、深い霧が立ち込めるという感じとは、まだ程遠い今日このごろです。 ただ、例えばこの木槿なんか、周りの空気を霧で包んでるみたいというか、ソフトフォーカスになってるみたいというか、そんなイメージありませんか? 白い花びらが、強い光を反射してるからでしょうけど、網目模様の花びらにせよ、もうひとつの花たちと言って良さそうな雄しべにせよ、むせ返るようなナツの日... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/08/21 18:46
寒蝉鳴く…今年はセミが少ないのかな?
寒蝉鳴く…今年はセミが少ないのかな? 立秋の次候、第38候は、13日から17日までの「寒蝉鳴く(ひぐらし なく)」でした… 残念ながら、ヒグラシを見つけられなかったので、抜け殻です。 というか、今年はセミが少ないんじゃないでしょうか? ミンミンうるさく鳴くミンミンゼミやクマゼミ、アブラゼミたちの声があまり記憶に残ってません。 セミが多い年と少ない年があるはずですけど、今年は少ない年なのかな? 皆さんの地域では、どうですか?… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/08/21 18:24
涼風至る…台風一過の涼風?
涼風至る…台風一過の涼風? 台風第11号”ハーロン”、ようやく温帯低気圧になったようです… お盆に入って、少しは朝夕が涼しくなってくれるかな、と期待していましたけど、なかなかそうはなりませんね。 台風一過の涼風も期待ほどではないようです。 季節は、立秋。 その初候、第37候は、7日からの「涼風至る(すずかぜ いたる)」ですけど、気持ちだけ、風車で涼風を… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/08/11 19:07
大雨時々に降る…雨上がり風の青空で
大雨時々に降る…雨上がり風の青空で 大暑の末候、第36候は、昨日2日からの「大雨時々に降る(だいう ときどきにふる)」です… たしかに、梅雨明けごしばらく続いた蒸し暑い日に代わって、ここ数日、台風などに伴った悪天候が続きます。 今週はずっとこんなお天気みたいですね。 せめて写真だけでも雨上がり風の青空を… ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 3

2014/08/04 19:16
土潤いてむし暑し…寝て過ごすのが一番な、奈々…
土潤いてむし暑し…寝て過ごすのが一番な、奈々… 大暑の次候、第35候は28日からの「土潤いてむし暑し(つちうるおいて むしあつし)」です… 日本各地で、37度や38度など暑さ比べをしている今日このごろですけど、そんな時って、エアコンの効いた部屋で寝て暮らすのが一番。 ガンダム少年と盆栽少年のうちの家猫、奈々はそう思ってるようですね。 どうです?、この気持ちよさそうな寝顔… ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 3

2014/07/28 19:18
桐始めて花を結ぶ…ヤワゲフウロだけど
桐始めて花を結ぶ…ヤワゲフウロだけど 大暑の初候、第31候は23日から昨日28日までの「桐始めて花を結ぶ」でした… 残念ながら、周りを見渡しても桐の木が見当たらないというか、あったとしてもまだ花付が咲いていないのでわからなくて、その代わりといってはなんですけど、今年新しく覚えた「ヤワゲフウロ」です。 この間、ヤワゲフウロが咲いていた某公園の隅に行ってみると、残念ながら綺麗に刈られていました。 というか、夏草が茂ってきては困るので、公園としては草刈りをするのは分かりますけど、私的にはちょっと残念… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/07/28 18:27
鷹乃ちわざをならう…奈々、虫を狙う
鷹乃ちわざをならう…奈々、虫を狙う 小暑の末候、第33候は、18日からの「鷹乃ちわざをならう」です… 5月末、とある高速のパーキングで、何人かが望遠レンズを構えているのを発見。 鷹の渡りを獲ろうとしてたんですよね。 身近にけっこうポイントがあるんだそうです。 というわけで、虫を狙うガンダム少年と盆栽少年のうちの家猫、奈々です。 家猫って、誰に技を習うんでしょうね?… ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/07/20 16:23
蓮始めて開く …スイレンだけど
 蓮始めて開く …スイレンだけど 小暑の次候、第32候は、12日からの「 蓮始めて開く(はす はじめてひらく)」です… ということで、これは某公園のスイレンですけど、もう1ヶ月半ほど前から咲いています。 ということは、蓮のほうが花期が遅いということなのかな? 公園のスイレンの方は、ピンクの花がなくなって、この頃黄色ばかりになっています… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/07/14 17:59
温風至る…台風、去る
温風至る…台風、去る 小暑の初候、第31候は、7日からの「温風至る(あつかぜ いたる)」です… 台風8号(NEOGURI) が、18時半頃に、和歌山県南部に上陸したそうですね。 幸いこの辺りでは、午後からは風雨が収まってきています。 でも、南からの水蒸気はたっぷりなようで、山にかかった雲はご覧のような感じ。 久しぶりに、高知大学気象情報頁の画像もご紹介。 ところで、ノグリーって「たぬき」という意味なんですってね… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2014/07/10 19:18
半夏生ず…ガマだけど
半夏生ず…ガマだけど 夏至の末候、第30候は、7月2日から6日までの「半夏生ず(はんげ しょうず)」でした… 烏柄杓が生える頃というわけですけど、残念ながら近くでは見つかりそうにないので(ご近所探検のおうちにウラシマソウが生えてたことがあったようには思いますけど)、関係ないけど、近くの公園の池にあるガマです。 ウィンナーみたいでけど、食べるわけにはいきませんね。 でも、どうして「ガマ」なんでしょ?… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/07/10 18:15
菖蒲はなさく…カンナだけど
菖蒲はなさく…カンナだけど 夏至の次候、第29候は、6月27日から7月1日までの「菖蒲はなさく(あやめ はなさく)」でした… 「菖蒲」って、「しょうぶ」と読むのが普通かと思ったら、「あやめ」とも読むんですね。 「いずれが菖蒲、杜若」とは言いますけど、ショウブもアヤメも漢字変換すれば、どちらも「菖蒲」とでてくるし、あんまり分ける必要ないのかな? ということで、写真は残念ながらアヤメがなかったので、カンナが再登場です… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/07/06 17:39
か・く・れ・て・る…な、カマキリ
か・く・れ・て・る…な、カマキリ とあるウリ科の葉っぱを見ると、こんなのがいました… 今月初め、芒種の初候、第25候が「蟷螂生ず」でしたけど、生まれたカマキリのうちの1匹でしょうね。 葉っぱの上でゆったりしていたのが、私に見つかっちゃって『逃げ場を失ってる図』かも知れません… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/06/27 20:11
乃東枯る…ノビルだけど
夏至の初候、第28候は、21日からの「乃東枯る(なつかれくさ かるる)」です… 乃東とか夏枯草って、色んな意味があるようですけど、ここでは、ウツボグサ(靫草)ということにしておきましょう。 で、変な話ですけど、夏至の頃、花穂が黒色化して枯れたように見えるのだそうで、だから「乃東枯る」。 ただ、それっぽいのがないので、ノビルに登場してもらいます。 花が枯れ、実が実って種が熟しているノビルですけど、金色に底光りしてなかなか綺麗です… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2014/06/24 19:58
夏至…なんですね 虹再登場
今日、6月21日は、夏至なんですね… 梅雨の真っ最中で、雨模様の今日なので、あまりそんな感じはしないんですけど、確かに夜7時になっても明るいし、まだ仕事しなくちゃいけない感じになってよくありません。 夜7時でもまだ明るい写真というのもイマイチなので、もう一度虹に登場してもらいます。 なかなか鮮やかな虹でしょう?… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/06/21 18:47
ツバメ、雨宿り…
とある公共施設の軒下です… ご覧のように、すっかり成長したツバメが雨宿りしています。 というか、親ツバメが餌を運んでくれるのを待ってるんでしょうね? 七十二候では、燕が南の国へ帰っていくのが白露の末候、第45候の「玄鳥去る」、今年は9月28日からですから、まだまだ先です… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/06/20 19:11
カマキリ、発見…蟷螂生ず
一つ前の記事で、コスモスの花が咲いているのをご紹介しましたけど、そこにカマキリが写ってるがわかりますか?… まだ小さなカマキリ、そういえば、七十二候では、6月6日からの芒種の初候、第25候が、「蟷螂生ず」でした。 でも、今は梅雨の中、子カマキリ、雨、大丈夫でしょうか?… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2014/06/20 18:18
梅のみ黄ばむ…
今日16日から、芒種の末候、第27候の「梅のみ黄ばむ(うめのみ きばむ)」です… まさにピッタリ、通りがかりのお家の盆栽の梅の木になっている実が、ご覧のように色づいています。 ただ、黄色というより、綺麗なオレンジ色に色づいてきていますけど… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/06/16 18:46
腐れたる草蛍となる…ハムシだけど
芒種の次候、第26候は、今日11日からの「腐れたる草蛍となる(くされたるくさ ほたるとなる)」です… 梅雨の雨に打たれて朽ちた草からホタルが生まれるとは、なかなか素敵なpoem ですけど、ホタルはもう少しあとかな? ホタルといえば、ホタルブクロですけど、これもまだみたい。 ということで、今回はハムシです。 何ハムシかな?… ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/06/11 18:39
蟷螂生ず…蜘蛛だけど
芒種の初候、第25候は、6日からの「蟷螂生ず(かまきり しょうず)」です… カマキリが生まれる頃というわけですけど、梅雨が始まる今の時期に、どうして子カマキリが生まれても大丈夫なんでしょうか? で、残念ながらカマキリが見つからなかったので、カマキリはうようよ生まれてきて、それこそ蜘蛛の子を散らすようにあちこちに散っちゃうということでこじつけて、ちょっとゾゾゾだけど洗面所にいた蜘蛛にしました。 でも、蜘蛛の子にしろ、今頃生まれると雨で困るんじゃないかな?… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/06/08 19:06
麦秋至る…というか、マツバウンランorムラサキウンランorヒメキンギョソウ?
5月31日から今日、6月5日までは、「麦秋至る(むぎのとき いたる)」でした… というか、残念ながら麦畑はないので、あちこちで咲いていた、マツバウンランorムラサキウンランorヒメキンギョソウです。 名前の方はおまかせするとして、小さなシジミチョウが飛んでるみたいで、なかなか可愛いですよね… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/06/05 21:01
紅花栄う…カキの花だけど
小満の次候、第23候は、26日から昨日までの「紅花栄う(べにばな さかう)」でした… 周りでは、キバナコスモスとかキンケイギクみたいな黄色やオレンジ色の花が沢山咲いていますけど、ベニバナらしいのは見つけられなかったので、よく登場している柿の花です。 そういえば、この柿の花、いっぱい落ちてるんですよね。  花が全部実になったら大変と思ってたんですけど、受粉率はそんなに高くないようです… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/05/31 20:02
蚕起きて桑を食む…青虫ですけど
小満の初候、第19候は21日から25日までの「蚕起きて桑を食む(かいこおきて くわをはむ)」でした… 蚕も蛾の仲間だし、蛾といえば、蝶と同じようなものですから、初めの羽化が今頃というのも一般的ではありますよね。 でも、さすがにカイコガはいないので、この間登場してもらった青虫くんの再登場です。 色的には、なかなか綺麗でしょ?… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/05/29 18:40
コマツヨイグサ、花を開く…
丘際の道路脇で、コマツヨイグサを見つけました… コマツヨイグサというと、なんとなく、夏というイメージですけど、もう花をつける季節なんですね。 そういえば、七十二候では、もう立夏ですものね… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2014/05/20 21:10
竹のこ生ず…竹のキノコだけど
立夏の末候、第21候は16日から今日までの「竹のこ生ず」です… 5月のはじめに頂きましたから、筍の季節としては、ちょっと遅いような気もしますけど。 ということで、この間もご紹介した、竹の垣根に生えてきたキノコです… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2014/05/20 21:06
みみず出ずる…ツバメですけど
立夏の次候、第20候は、11日からの「みみず出ずる」です… ということは、走り梅雨の雨で、ミミズが出てくるということなのかな? でも、周りではミミズがいなかったので、それを食べちゃうツバメです。 ”土食って虫喰って口渋−い”… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/05/15 18:52
蛙始めて鳴く…まだ見ませんけど
もう夏なんですねえ… 5月5日は、立夏でした。 立夏の初候、第19候は5日からの「蛙始めて鳴く(かわず はじめてなく)」です。 うちの入り口のカエルの睡蓮鉢には、まだ水を張っていませんけど、もうカエルが鳴き始めているところもあるんでしょうか?… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/05/09 19:18
牡丹はなさく …ツツジだけど あれれ?
穀雨の末候、第21候は、4月30日からの「 牡丹はなさく」です… 今日、通りすがりにチラリと牡丹の花が咲いているのを見かけましたけど、うちの近くではまだ。 というわけで、この間のアザレアっぽいツツジの再登場です。 咲くには咲いたんですけど、花びらがアレレ?な状態になってます… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/05/01 21:19
霜止で苗出ずる…これって、破れ傘?
穀雨の次候、第17候は、25日からの「霜止で苗出ずる(しもやんで なえいずる)」です… こんな葉っぱを見つけました。 というか、公園の花壇の外れなんですけど、もう植えられた物のない土に生えてきていたものです。 葉っぱが大きく4つに裂れてますよね。 パッと頭にヤブレガサという名前が浮かんだんですけど、どうでしょう?… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/04/26 20:00
葭始めて生ず 2…睡蓮だけど
七十二候「葭始めて生ず」のパート2です… うちの前に置いてるカエルの睡蓮鉢から、芽が出始めました。 この冬は、ミズを張っていたので、去年のようにスミレが生えることもなく順調に新しい葉っぱが出始めました。 6月頃になると、鉢いっぱいに葉っぱが茂ってくれるでしょうね… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/04/20 19:08
葭始めて生ず…ダンチクだけど
今日は「穀雨」… 節気に合わせて、昨日からシトシトと雨が降っています。 20日から24日までは、穀雨の初候、第十六候、七十二候でいうと「葭(あし)始めて生ず」です。 脚を探せばあるかとは思うんですけど、同じイネ科ということで、今日はダンチクです。 サイズは全然違いますけど、こんなふうに風になびいているのもいい景色ですよね… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/04/20 19:01
虹始めてあらわる…雨だけど虹は出ません
清明の末候、第15候は15日から19日までの「虹始めてあらわる」でした… 昨日、今日と雨模様ですけど、残念ながら虹は出ませんでした。 ということで、かなり前の写真ですけど、彩雲がネット越しに見えて、モアレになってる場面を… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/04/20 18:54
鴻雁かえる…ツバメだけど
清明の次項、第14候は、10日から14日までの「鴻雁かえる(こうがん かえる)」でした… 残念ながら、雁が並んで飛んでいる様子は、見ることができなかったので、ツバメです。 でも、ツバメだったら、もう一つ前の七十二候、「 玄鳥至る 」になっちゃいますね… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/04/16 21:48
玄鳥至る…ミツバチだけど
清明の初候、第13候は、5日から9日までの「玄鳥至る(つばめ いたる)」でした… 今年は、なかなか冷たい冬でしたけど、3月にはつばめがやってきていました。 ただ、写真には撮れない速さで飛んじゃうので、ここでは春らしくミツバチです。 花粉ポケットにたくさん花粉を詰め込んでますね… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2014/04/11 20:47
雷乃ち声を発す…クグ系かな?
春分の末候、第12候は、3月31日からの「雷乃ち声を発す(かみなりすなわち こえをはっす)です… 確かに、土日なんかはけっこう荒れましたよね。 でも、桜はまだ咲いたばかりなので、けっこうしっかり残っています。 残念ながら雷はならなかったので、関係無いですけど、線香花火のようなカヤツリグサ系を。 ということで、これ、ヒメクグくらいでしょうか?… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/04/01 20:18
桜始めて開く…お別れの季節
春分の次候、第11候は26日からの「桜始めて開く」です… というわけで、花といえば「桜」の季節ですけど、お別れの季節でもあります。 私、また、別のオフィスに転勤しちゃいました。 前のオフィスはちょっと遠いけど、素敵なところ、今度のオフィスは近いですけど、ちょっと大きなところ。 別れと出会いの季節、せっかくの花を愛でる余裕はありません… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/03/29 18:51
雀始めて巣くう…サギですけど
今日は春分ですね… その初候、第10候は「雀始めて巣くう」です。 スズメにも春の季節が、ということですけど、この頃街なかではスズメが減っているそうです。 ということで、ちょっと大きすぎますけど、以前にも登場したダイサギです。 この辺りの大きな木に、巣を作ってるんでしょうか?… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/03/21 19:57
菜虫蝶となる…アカタテハだけど
啓蟄の末候、第9候は、今日16日からの「菜虫蝶となる(なむし ちょうとなる)」です… この「菜虫」の「菜」って、ナバナ(菜の花)だろうし、「虫」っていうのも多分モンシロチョウなんかだろうと思うんですけど、残念ながらまだ菜の花が満開、という状態ではありません。 ということで、今回は、アカタテハに登場してもらいました… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/03/16 17:13
桃始めてさく…梅ですけど
啓蟄の次候、第8候は、昨日11日からの「桃始めてさく」です… 桃の節句もおありましたけど、やっぱり桃はまだですよね。 というか、感覚から言うと、梅で桜、そして桃という感じですけど、どうでしょう? ということで、今回は梅です。 まっすぐに伸びた黄緑の枝が特徴的です… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/03/12 19:00
啓蟄、「すごもりの虫戸を開く」…貝殻虫だけど
昨日は「啓蟄」でした… その初候、第4候は、「すごもりの虫戸を開く(すごもりむし とをひらく)」です。 で、もっと可愛い虫を撮ったらよかったんですけど、いいのがいなくて。 ということで、カイガラムシ(イセリアカイガラムシ?)です。 よく見ると、細い脚が見えています… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2014/03/07 20:38
草木萌え動る…新芽の季節
今日から3月、弥生3月花の道です… 今日から、雨水の末候、第6候「草木萌え動る(そうもく めばえいずる)」。 あちこちで、春の兆しが見えていますね。 この葉っぱ、縁に柔らかな鋸がありますけど、何でしょう? 赤い色が覗く新芽がいくつもついています。 でも、花じゃなくて、葉っぱの新芽じゃないのかな?… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/03/01 20:50
キセキレイ、鳴く…
とある駐車場に、キセキレイが舞い降りて啼いていました… セグロセキレイはけっこういますけど、このへんではキセキレイはちょっと珍しいかな? そういえば「鶺鴒鳴く(せきれい なく)」は、白露の次項、第44候ですから、9月中旬の七十二候ですけど、ほぼ半年前も今頃もセキレイの季節なのかな?… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/02/28 20:36
霞始めてたなびく…16度なんだけど、氷点下1度
雨水の次候、第5候は、24日からの「霞始めてたなびく( かすみはじめてたなびく )」です… 今日は、日中、暖かかったですねぇ。 というか、お昼すぎで16度ほどありました。 でも、朝はご覧のように氷点下1度。 今頃って、ひょっとして一年で一番一日の気温差が大きいのかな?… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2014/02/26 20:08
雨水…「土の脉潤い起こる」だけど
今日は、「雨水」、雪だった空からの水が雨に変わる頃のはずなんですけど… 雨水の初候、第4候は、「土の脉潤い起こる(つちのしょう うるおいおこる)」です。 でも、まだまだ日陰はこんな感じ。 毎朝気温が下がるので、溶けきらなかった雪が氷となっています… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 3

2014/02/19 21:11
魚氷を上る…雪が残ってるけど
立春の末候、第3候は、2月14日から18日までの「魚氷を上る(うお こおりをいずる)」でした… 先週末、先々週末と2週続けて南岸低気圧の影響で雪が降って、今日明日もかなり振りそうな雰囲気だったので、魚も、氷が張った水から顔を出すのも大変でしょう。 というわけで、街外れの小さな流れにも、ご覧のように雪が残っています… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/02/19 21:06
うぐいす鳴く…カトレアだけど
立春の次候、第2候は、9日から13日までのの「うぐいす鳴く」でした… この間メジロの記事を書いた日、ウグイスの初鳴きを聞いたんですけど、残念ながらそれ以降声も姿も観ていません。 というわけで、関係無いですけど、オフィスにあるかとレアに蕾がついているのをご紹介。 無理に言えば鳥の嘴みたいではありますけど… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2014/02/18 20:27
東風凍を解く …むしろ凍ってますけど
暦の上では今日から春、立春です… 立春の初候、第1候は「 東風凍を解く (はるかぜ こおりをとく)」です。 今日の記事に幾つか書きましたけど、暦とは逆に冷たい一日になりました。 公園の草や苔の上にも、雪が乗っていて冷たそう… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/02/04 19:27
立春だけど…雪が舞う
冷たい立春になりました… 朝からなんだかややこしいお天気だったんですけど、午後にはとうとう雪。 午後2時頃を中心に小糠雨が白くなって雪に変わりました。 高知大の午後4時の空模様も載せておきます。 夜に晴れると、朝、道路が凍るかも?… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 5

2014/02/04 19:21
立春だけど…2度ですよ
今日は立春ですけど、夕方になるほど冷たくなってきましたね… ということで、午後6時前には2度。 さすがに0度にはなっていないですけど、明日の朝、またまた氷点下かな?… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2014/02/04 19:17
立春だけど…朝
2月4日、今日は立春です… ところが昨日と打って変わって、冷たい一日、午後になるほど気温が下がってきました。 なんだか冷たい一日になりそうな、今日の朝日です… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/02/04 19:12
節分…明日から春
今日は節分、一年の最後の日です… 明日からは春、でも、節分って4回あるのに、どうして春の節分だけが有名なんでしょうね? やっぱり、みんな春が嬉しいから? ちなみにこの豆は、きな粉の混じったたまごボーロです… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/02/03 20:39
もうすぐ節分?…
この間、ふと道路脇を見るとこんなのがガラスに貼られていました… 介護サービスのステーションだったんですけど、赤鬼と青鬼、雛人形の顔が、いかにも手作りという感じで、優しさが伝わってきますね。 そうそう、もう少しで節分です… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/01/30 21:12
鶏始めてとやにつく…スズメだけど
大寒の末候、第72候は、今日30日からの「鶏始めてとやにつく(にわとり はじめてとやにつく)」です… 鶏も春、卵を生む季節になるということですけど、やっぱり冷たい日はまだまだありますよね。 さて、この頃、街のすずめが少なくなってきているということですけど、街の中心部にあってもけっこうこんもりとした森や岩があるキヌゲチチコグサを見つけた公園では、ご覧のように植え込みにすずめが集まったりしています。 じっくり見ると、結構可愛い顔してますよね… ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 3

2014/01/30 20:58
水沢氷つめる…「泉水温をふくむ」だったのに、まだまだ霜が降りる
大寒の次候、第71候は、25日からの「水沢氷つめる(さわみず こおりつめる)」です… 残念ながら、沢の水は見られませんけど、霜はいつも降りています。 ただ、ちょっと不思議なのは、七十二候で、小寒の次候(1月10日から9日まで)に「泉水温をふくむ(しみず あたたかをふくむ)」というのがあったでしょ? 実はその記事をかけていなかったんですけど、まだまだ霜が降りて冷たかったんですよね。 今日からの「水沢氷つめる(さわみず こおりつめる)」でまた冷たい日になって、まさに三寒四温ですよね… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/01/28 19:38
大寒、振り返れば西に傾く月…
暦どおり、冷たい日になった今朝、西に傾く月が見えます… 月齢19、冷え込んだ朝なので、コンデジでもけっこう綺麗に撮れています。 「大寒」、少しだけ科学的にいうと太陽の黄経が300度になる時なんだそうです。 正確にいうと、12時51分なんだとか。 でも、雰囲気は、冷たい朝がぴったりですよね。 西に傾く月を見たあと、東を見れば、ご覧のように太陽が登りかけていました… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/01/20 19:02
蕗の華さく…ツワブキだけど
今日は、大寒、一年で一番寒い日です… その初候、第70候は、今日20日からの「蕗の華さく(きじ はじめてなく)」です。 ホントは、フキノトウを撮りたいところですけど、この間もご紹介したツワブキです… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/01/20 18:54
大寒…マイナス5℃
今日は、大寒… 一年のうちで一番寒いとされる頃ですけど、確かに冷たかったですね。 ということで、今朝はマイナス5℃。 この冬一番の冷え込みになりました。 でも、日中は13℃以上、ということで、気温差が20℃近くあったわけで、これはこれで、春近し?… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 3

2014/01/20 18:48
雉始めてなく…赤とんぼだけど
1月15日から昨日19日までは、小寒の末候、第72候の「雉始めてなく(きじ はじめてなく)」でした… さすがに雉は、無理です。 ということで、空を飛ぶもの、ということで赤とんぼ。 これもさすがに今はいませんけど、去年の11月末に撮ったものです。 アキアカネでしょうけど、ほぼフユアカネでした… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/01/20 18:43
芹乃ち栄う…ハコベかな?
小寒の初候、第67候は、今日5日からの「芹乃ち栄う(せりすなわち さかう)」です… もうすぐ、七草粥ですから、ピッタリの草ですよね。 ご近所探検のおうちに行った時に、何かセリ科の草を、と思ったんですけど、探しているときは見つからないもので、差し当たりこれを。 小さな小さな葉っぱですけど、ハコベかな? このおうちには、ミツバが沢山生えてくるので、今度はそれを撮ってみます… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/01/05 18:50
雪下りて麦のびる…スズメノエンドウかな?
もう、去年の七十二候になっちゃいましたけど、冬至の末候、第66候は、12月31日から昨日1月4日までの「雪下りて麦のびる」でした… 3がにち、あまり外に出なかったので、山のほうで雪が降ったのかどうかわからないですけど、年が変わってちょっと暖かかったようですね。 で、麦畑もないので、麦が伸びているかどうかもわからないので、関係無いですけど、スズメノエンドウを… ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/01/05 18:44
麋角解(さわしかのつのおつる)…兜の鍬形だけど
冬至の次候、第62候は、26日からの「麋角解(さわしかのつのおつる)」です… 麋角(びかく)は、「なれしか」の角のことだそうで、「なれしか」とは大鹿のこと、トナカイの一種なんですよね。 ということは、クリスマスころには、トナカイの角はないことがあるわけでしょうか? 角のないトナカイって、不思議な感じですけど。 で、残念ながら身近にトナカイはいないので、武将の兜についている鍬形です。 ちなみにこれは秀吉の武将のようですけど、秀吉のカブトでは、前立・鍬形は小さくて、代わりに兜の後ろに 旭日... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/12/28 21:04
七十二候のフィルター異常、原因オウンゴール?…
以前、ブログテーマ「七十二候」のフィルタリングが変になってるという記事を書きましたよね… 10月頃の記事から、フィルタリングにかかからなくなってたわけですけど、原因が判明。 な〜んと、オウンゴール。 っていうか、「七十二候」を「七十二侯」としてたわけです。 もう一度書くと「候」が「侯」になってたわけです。 目が良くないので見えてなかったんですね。 というわけで10月以降の「七十二侯」を「七十二候」に直しました… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/12/22 20:20
乃東生ず…タツナミソウだけど
今日は、冬至、その初候、第64候が今日22日からの「乃東生ず(なつかれくさ しょうず)」です… 乃東生は、それ自体としては「夏枯草が芽を出す」というくらいの意味でしょうけど、いわゆる乃東は、「夏枯草(かこそう)」、つまり漢方薬の「靫草(うつぼくさ)」です。 ということで、同じシソ科で、形もちょっと似てるかな、ということでタツナミソウです。 ご近所探検のおうちの庭です… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2013/12/22 20:00
今日は、冬至…
今日は、12月22日、冬至です… ということで、ゆず湯なんかいかがでしょう? スーパーでもゆずがたくさん売られてますけど、この間、遠出して道沿いの無人販売で、「無農薬・有機栽培」と書いているゆずを買ってみました。 見たねは、たしかに悪いですけど、お風呂に入れるんですから、きっとこの方がいいんじゃないかな、ということで… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/12/22 19:53
さけの魚群がる…月かもしれないけど
大雪の末候、第63侯は、今日17日からの「さけの魚群がる(さけの魚群がる)」です… 残念ながら、皮に酒が遡上してくる写真を撮れないので、以前遠出した時に撮った山の中にあるオブジェを。 パッと見た時、さかなかな?と思ったんですけど、月かもしれないし、温泉マークにも見えるし。 なんなのでしょうね?… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/12/17 18:28
熊穴にこもる…奈々が毛布にくるまる
大雪の次候、第59候は、今日12日からの「熊穴にこもる」です… いくらなんでもくまの巣穴を除くわけには行きませんから、ご近所を覗いてみると、こんな感じ。 ガンダム少年と盆栽少年のうちの家猫 奈々が、こんなふうに毛布にくるまっていました。 気持ちよさそう… ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 3

2013/12/12 19:31
閉塞冬となる2…冬空
今日の朝、7時半頃の空です… 以前もご紹介したように、大雪の初候、第61候は7日から今日までの「閉塞冬となる(そらさむく ふゆとなる)」でしたけど、今日の空も透き通った感じの冷たさがたっぷりでした。 日の出、まだまだ遅くなります… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/12/11 19:32
閉塞冬となる…霧雨?
今日は、「大雪」、いよいよ本格的な冬です… 大雪の初候、第61候はきょう7日からの「閉塞冬となる(そらさむく ふゆとなる)」です。 数日前、天気予報では晴れの一日のはずが、お昼前に霧雨のようなものが降って、それがなんとなく白っぽくなっていました。 というか、霧雨じゃなくて「霧雪」みたいな感じ。 いよいよ冬ですね… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2013/12/07 21:03
ブログ、七十二侯のフィルターがおかしい?…
この間、七十二侯の更新を1ヶ月以上していなかった、と書いたんですけど… なんかおかしいな、と思いながら、たどってみると、きちんと書いてたんですよね。 で、何かというと、ブログトップページ左のテーマフィルターで「七十二侯」を選んでも、10月9日のかたつむりの記事までしか出ないんです。 これってやっぱり、ブログの不具合?… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2013/12/01 19:07
朔風葉を払う…銀杏の葉
更新していなかった七十二侯、今度は11月27日からの「朔風葉を払う(きたかぜ このはをはらう)」です… 落ち葉が舞い散る今日このごろですけど、道路沿いの街路樹、銀杏の木からも大量の葉っぱが落ちてきます。 個々にある銀杏の葉っぱ、少し形が変なのが多いのかな? ご覧のようにかなり大きくて真ん中で大きく避けてたりします。 この形のほうが飛行機みたいで、あちこち飛びやすいかな?… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/11/28 20:08
山茶始めて開く…和菓子でどうぞ
更新していなかった七十二侯、今度は11月7日から11日までの「山茶始めて開く(つばき はじめてひらく)」です… ご近所探検のお家のツバキ、まだ開いていないので、そのお家のおばあさんから頂いた和菓子でどうぞ。 これって、雰囲気、多分ツバキですよね… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/11/28 20:02
楓蔦黄ばむ…緑泥片岩に匍う蔦
更新していなかった七十二侯、今度は11月2日から6日までの「楓蔦黄ばむ(もみじつた きばむ)」です… うちの近くの緑泥片岩の石塀があるおうち、張っている蔦はかなり葉っぱを落としてしまっています。 あっさり「紅葉」や「黄葉」じゃなくて、まだ黄緑の部分を残しながら赤くなったり黄色くなったりしています。 よく見ると、実が貴腐ブドウみたいになってますね… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/11/28 19:58
小雨ときどきふる…雨後のキノコ
更新していなかった七十二侯、今度は10月28日から11月1日までの「小雨ときどきふる」です… いきなりの台風で始まった9月、雨の多い秋でしたけど、今になっても湿っぽいあちこちの草陰にキノコが生えてきています。 雰囲気、梅雨に生えるようなキノコなんですよね。 これって、真っ白でなかなか綺麗でしょ?… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/11/28 19:51
霜始めて降る…冬空に虹?
更新していない七十二侯、今度は、10月23日から27日までの「霜始めて降る(しも はじめてふる)」です… 今は、霜が降りるのは当たり前になっているので、空模様を。 10日ほど前の午後4時半過ぎの空ですけど、西の空に沈みかかっている陽の夕焼けに、どんよりとした灰色の雲が覆いかぶさっています。 冬空らしくなってきてますよね。 その境目、少し虹色に色づいているのが見えます… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/11/28 19:47
蟋蟀戸にあり…Tabby 戸に爪をたてる
更新していなかった七十二侯、今度は10月18日から22日の「蟋蟀戸にあり(きりぎりす とにあり)」です。 もうキリギリスはいないので、関係無いですけど、地域猫のTabbyです。 今日のTabby,なんか野良風ですよね。 顔もちょっとワルに見えたりします。 Tabby 戸に爪をたてる、です… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/11/28 19:40
菊花開く…紅ボロギクだけど
実は、すっかり更新出来てませんでした、七十二侯の記事… 1週間位かな、と思ってたら、1ヶ月以上更新してませんでした。 どうやら「鴻雁来る」の写真がなかったので止まってたみたいです(と、人事のように…)。 差し当たり、「菊花開く(きくのはな ひらく)」。 10月13日から10月17日まででした。 普通の菊よりは、こんなキク科のほうが風情があるかな? ということで、ベニバナボロギク、綿毛になってもベニバナです… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 3

2013/11/28 19:35
地始めて凍る…6度ですよ
立冬の次候、第56候は、今日12日からの「地始めて凍る(ち はじめてこおる)」です… あたりの草には、霜が降りていますが、気温だって、今日はこの秋最低だったようです。 ということで、朝8時前でも、ご覧のように6度。 お天気は、悪くなかったんですけど、時々時雨れて冷たい雨が振りました… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/11/12 19:49
地始めて凍る…1
立冬の次候、第56候は、今日12日からの「地始めて凍る(ち はじめてこおる)」です… さすがに凍りはしませんけど、寒かったですねえ。 ご覧のように、カキドオシみたいな葉っぱに霜が降りてます。 葉っぱに細かな毛が生えてますから、水分が凍りやすいのかもしれませんね?… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2013/11/12 19:19
山茶始めて開く…山茶花の蕾だけど
いよいよ冬、立冬の初候、第55侯は、7日からの「山茶始めて開く(つばき はじめてひらく)」です… ご近所探検のお家のアプローチにある椿の蕾を見てみたんですけど、まだ固いようです。 ということで、うちの山茶花の蕾がこれ。 白の八重なんですけど、先がピンクに見えます。 まさかピンクが咲くのかな? それにこの蕾の数、すごいですね。 こんなに同時にたくさんつくものなんでしょうか?… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2013/11/09 20:35
立冬、月齢4.0の月…
今日は、立冬、いよいよ冬ですね… しばらく顔を隠していた月が、西の空に見え始めました。 今日は月齢4.0、少し下に金星が見えています。 もう少し上空が冷たくなると、もっときれいな月が見えるはずです… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/11/07 20:03
楓蔦黄ばむ…紅葉だけど
霜降の末候、第54候は、あす、2日からの「楓蔦黄ばむ(もみじつた きばむ)」です… 近くの緑泥片岩の石塀に匍っている蔦もすっかり秋の気配。 っていうか、紅葉ですね。 盆栽少年のキヅタとは、また違った紅葉をするようです… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/11/01 21:13
小雨ときどきふる…小さな滝を発見
霜降の次候、第53候は28日からの「小雨ときどきふる」です… 冷たい秋の小雨が、しとしと降る頃というわけでしょうけど、何個もの台風に見舞われた9月から10月、ようやく秋晴れが続いている今日このごろです。 ということで、以前奈良県の十津川方面に行った時に出会った小さな滝です。 今年は滝の水量なんかも極端な変化があったでしょうね?… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/10/30 20:05
霜始めて降る…夜露だけど
霜降の初候、第52候は、23日から今日27日までの「霜始めて降る」です… さすがに霜はまだ見ませんけど、朝露が置くことが多くなってきて、丘の方に朝もやが立ち上っていることも多くなりました。 ということで、いつものムラサキゴテンに置く朝露です。 水滴がレンズになって葉っぱの表面の細胞が見えてるのって、面白いですよね… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2013/10/27 19:03
蟋蟀戸にあり…コバネイナゴだけど
寒露の末候、第51候は、18日から22日までの「蟋蟀戸にあり(きりぎりす とにあり)」でした… このあいだ、キリギリスみたいなのをご紹介したところなのですけど、いざとなると見つけられないもので、今日のは、コバネイナゴということで。 さすがに寒くなってきました。 バッタも家の中に入りたいんでしょうね… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/10/27 18:57
菊花開く…ナルトサワギクで
寒露の次候、第50候は、13日から17日までの「菊花開く」でした… というか、この時期にかぎらず、キク科の花にはいつも出会っていて、いつも同定で悩まされています。 というわけで、これは大丈夫でしょう、なナルトサワギクです。 一年中見られる花ですけど、今の時期、鮮やかに開花してます… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/10/27 18:50
鴻雁来る…カメムシで御免なさい
またまた、七十二侯の更新をしてませんでした… 10月8日から12日までは、寒露の初候、第52侯の「鴻雁来る(こうがん きたる)」でした。 といっても渡り鳥が来る池には行っていないので、カメムシで御免なさい。 で、ブチヒゲヘリカメムシあたりかと思うんですけど、カメムシで分厚い図鑑が作れるくらいですから、これもお任せします… ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/10/27 18:44
水始めて涸る…なのにカタツムリ
秋分の末候、第48候は、3日から7日までの「水始めて涸る」でした… 田んぼの水もなくなり、稲刈りの季節となっているわけですけど、台風がやってきたりして、けっこう湿り気はあるんですよね。 というわけで、ご覧のように今日は、丘の隅のフェンスにカタツムリが這っていました。 殻を見ると、ひからびて表面がはがれたような跡があるので、草の影でじっと雨を待っていたのが這い出してきた、というところでしょうか?… ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 3

2013/10/09 20:23
虫かくれて戸をふさぐ…なのにカメムシ大発生?
しばらく七十二候の記事をすっかり忘れてました… 秋分の次候、第47候は、9月28日から10月2日までの「虫かくれて戸をふさぐ」でした。 なのに、夜、ガソリンスタンドによると、明かりに呼び寄せられてか、カメムシの大群が。 小さくてよく分かりませんけど、今の時期だとクヌギカメムシあたり? 雰囲気は、ツノアオカメムシあたりにも似てますけど… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2013/10/09 20:17
雷乃ち声を収む 、でも入道雲?…
ずっと忘れてたんですけど、秋分の初候、第46候は、9月23日から27日までの「 雷乃ち声を収む(かみなりすなわち こえをおさむ) 」でした… でも、台風が日本海側を進んで、湿った空気が流れ込んで蒸し暑い日でした…ということで、空にはこんな雲も。 まるで、入道雲ですよね。 積雲自体は空気中に水分が多くて、朝夕の温度差が大きいときにはけっこういろんな季節にできるものですけど、さすがにあちこちで真夏日を記録した陽気だったので、入道雲と呼びたくなってきます… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/10/09 19:58
玄鳥去る…アカトンボだけど
白露の末候、第45候は、18日からの「玄鳥去る」です… ツバメが、南の国へ帰っていくんですね。 そういえば、朝だけじゃなく、日中も巣葉メが飛ぶ姿を見ます。 で、写真はアカトンボ。 ただし、ツバメに変わってに変わって登場するアキアカネじゃなくて、ナツアカネです… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/09/21 19:23
鶺鴒鳴く…トンボだけど
白露の次候、第47候は、9月12日から16日までの「鶺鴒鳴く(せきれい なく)」でした… 水辺で、鶺鴒が鳴きはじめるころということですけど、「恋教え鳥」「恋知り鳥」の異名がある鶺鴒、恋の季節というわけですね。 っていうか、春じゃないんだ。 で、鶺鴒の代わりにシオカラトンボ。 塩辛色?(ブルーグレー)が雄で、トラロープ色?が雌です。 不均翅亜目のトンボは、こんな感じですね… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/09/21 19:17
草露白し…ヨルガオ迎えてくれる
白露の初候、第43候は、7日からの「草露白し」です… 確かに朝夕、グンと涼しかったですけど、また暑さがぶり返す感じもします。 ただ、夜、家に帰るときに迎えてくれるヨルガオを見ていると、ちょっと背筋に冷たさも感じてしまうのですけど… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/09/09 21:08
禾乃ちみのる…実るほど頭を下げる
今日、9月2日からは、処暑の末候、第42候の「禾乃ちみのる(こくもの すなわちみのる)」です… 先日、郊外で見かけた田んぼです。 稲穂が実って、重くなり始めています。 昔の人なら、「実るほど頭を下げる稲穂かな」なんていうんでしょうね。 でも、なかなか綺麗な黄緑です… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/09/02 20:29
天地始めてさむし…台風一過、オキザリス・レグネリ
処暑の次候、第41香は、8月28日から今日までの「天地始めてさむし」です… 「寒い」ということはないですけど、台風のおかげ?で、雨も少し降ったし、暑さも少しは収まった感じです。 ということで、台風一過、うちの花壇にあるオキザリス・レグネリの上におく雨粒です… ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/09/01 18:52
綿のはなしべ開く…ボタンヅル
処暑の初候、第40候は、昨日22日からの「綿のはなしべ開く」です… どの辺が「処暑」なの?というくらいのお天気でしたけど、今日の雨で少し過ごしやすくはなりましたね。 綿の花、というのは無理なんですけど、この間のフウセントウワタの実が弾けてる写真、今日載せるとよかったかな? で、今日のは、ボタンヅルです。 センニンソウに似てますけど、葉っぱが違います… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2013/08/24 19:59
深き霧まとう…水蒸気いっぱいの空に懸かる白い橋
立秋の末候、第39候は「深き霧まとう」、18日から22日まででした… たぶん、朝夕が涼しくなるので、朝霧や夕霧が立ちこめ始める頃、というわけでしょうけど、とんでもない。 でも、日中でもなんとなく空が白っぽくて、水蒸気いっぱいという感じ。 夜の月も、いつもにじんでました。 というわけで、水蒸気いっぱいの空に懸かる白い橋です… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/08/24 19:51
寒蝉鳴く…トンボですけど
七十二候の記事、しばらく忘れてました… 立秋の次候、第38候が「寒蝉鳴く(ひぐらし なく)」、8月12日から17日まででした。 ヒグラシって、「寒蝉」って書くんですね。 でも、この頃って蒸し暑さのピーク、「寒蝉」とは出会えてませんでしたので、ヤンマ系を… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/08/24 19:44
涼風至る…桜、黄葉?
今日は、立秋… その初候、第37候は「涼風至る(すずかぜ いたる)」です。 暦の上では、今日から秋ですけど、「秋」とは名ばかり、猛暑、炎暑が続く毎日です。 写真は、桜ですけど、一部黄葉した葉っぱがあります。 でも、秋の黄葉というより、あまりの炎暑のため、日焼けしちゃった葉っぱかも知れませんね… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2013/08/07 19:34
久しぶりの朝日…大雨時々に降る
今日、8月2日からは、大暑の末候、第36候の「大雨時々に降る」です… 西日本では猛暑、東日本では大雨の今日この頃だそうですけど、すっきりした夏空、来て欲しいですね。 西日本は猛暑ではありますけど、夕立というか、局地的にはゲリラ的な強いにわか雨が降ったりするようです。 今朝、どうして早く起きちゃったのかは分かりませんけど、久しぶりに朝日の登る時刻に起きました。 何だか今日も蒸し暑そう… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/08/02 20:04
イナゴ、キューブに乗る…土潤いてむし暑し
7月28日から昨日、8月1日までは、大暑の次候、第35候の「土潤いてむし暑し」でした… ホント、毎日蒸し暑いですよね・ カラッとした夏の暑さ、あってもいいと思うんですけど、最近の夏って何だか異常に蒸し暑い気がします。 先日、買い物帰り、ふとキューブのボンネットを見ると、こんな感じ。 イナゴですよね。 まだ羽根もそろっていないベビーですけど、どこから同乗してたんでしょ? とまって写真を撮っていると、どこかへジャンプしちゃいました… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/08/02 19:58
桐始めて花を結ぶ…フヨウだけど
大暑の初候、第34候は、23日から昨日までの「桐始めて花を結ぶ」でした… 桐の花って、今頃咲くんですね。 残念ながらまだ見つけていないので、何となくつぼみの雰囲気が似ているフヨウを。 そうそう、このフヨウの花、何となくハイビスカスに似ていると思ったら、フヨウもハイビスカスもどちらもアオイ科フヨウ属なんですね… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/07/28 21:23
鷹乃ちわざをならう…ツバメだけど
小暑の末候、第33候は、今日17日からの「鷹乃ちわざをならう(たかすなわち わざをならう)」です… 生まれた鷹が、親鳥から飛び方やえさの取り方を習う頃というわけでしょうけど、さすがに鷹は無理なので、ツバメです。 でもツバメの方も、親鳥と同じくらい大きくなってますよね。 七十二候上では、あと2ヶ月ほどで、巣立ちを迎えるツバメです… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/07/16 19:17
蓮始めて開く2…白花
小暑の次候、第32候は、12日から16日までの「蓮始めて開く(はす はじめてひらく)」でした… というか、先日、赤い花野をご紹介したんですけど、今日のは白花です。 この間の蓮池のお隣にあるこの池には、この白花ばかりが植えられています。 なかなか涼しげな白花です… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2013/07/16 19:12
蓮始めて開く…
小暑の次候、第32候は、今日12日からの「蓮始めて開く(はす はじめてひらく)」です… でも、2週間ほど前から咲いてるように思うんですよ、この辺では。 例によって睡蓮と蓮、わかりにくいですけど、写真は、花が水面から立ち上がっているし、葉っぱも撥水性があるようだから、ここでは蓮ということにしておきましょう。 あ、ということは、ここ、蓮池ですね… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2013/07/12 20:15
温風至る…梅雨明けとサルスベリ
小暑の初候、第31候は、7月7日からの「温風至る(あつかぜ いたる)」です… 関東が咲きに梅雨明けしちゃった、と思ったら関西でも今日、梅雨明けしました。 そういえば今日の空なんて、真夏の空でしたよね。 そんな真夏の空似よく似合うのが、このサルスベリ。 ピンクの花が、青空に映えます… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2013/07/08 22:36
半夏生ず…マタタビだけど
夏至の末候、第30候は、7月2日から6日までの「半夏生ず(はんげ しょうず)」でした… 半夏(からすびじゃく)が生え始める、なんですけど、これはちょっと無理。 半夏生→半化粧→全部お化粧→マタタビの葉っぱ こじつけがひどいですけど、お許しいただいて、マタタビの花です。 これはこれで、なかなか綺麗ですよね… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/07/08 22:32
菖蒲はなさく…ムラサキゴテンだけど
ちょっとためちゃった七十二候、夏至の次候、第29候は、6月26日から7月1日までの「菖蒲はなさく(あやめ はなさく)」でした… といっても、この頃アヤメが咲くんでしょうか? というか、「いずれがアヤメ、カキツバタ」みたいにアヤメと、カキツバタ、ショウブはよく似てるんですけど、強いていえば、花菖蒲が6月ごろまで咲いてるでしょうか? それにしてもずれてるように思うんですけど。 ということで、さしあたりムラサキゴテンを… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/07/08 22:26
乃東枯る…ススキだけど
実は、しばらく七十二候の更新を忘れてたんです… というか、あっという間に日が経っちゃって。 ということで、夏至の初候「乃東枯る(なつかれくさ かるる)」は、6月21日から25日まででした。 「夏に枯れる草が、枯れる時期」みたいな感じですけど、中国の暦では「鹿が角を落とす」みたいな意味なんだそうです。 で、これはススキなんですけど、写真は5月の連休明け。 この頃だったら去年のが残ってると思ったらいいんでしょうか?… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2013/07/08 22:20
夏至な、Google ロゴ…
昨日のGoogle ロゴです… メニューに「夏至」と出てましたけど、そういえば、昨日は夏至だったんですね。 ただ、ちょうど台風の影響もあって、あまり日が一年中で一番長い日を実感できませんでしたけど。 夏至の日にプール開きなんかするのかな?… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/06/22 20:34
梅の実黄ばむ…少し萎んでるかも?
芒種の末候、第27候は16日からの「梅の実黄ばむ」です… 少し早いんですけど、ご近所の梅の植木鉢に実っていた梅の実が落ち始めているので、先に書いちゃいました。 写真でも分かるかと思うんですが、実が少し萎んできてますね。 今年の梅雨の小雨が影響しているのかも知れません… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/06/13 22:30
腐れたる草蛍となる…ホタルブクロ
芒種の次候、第26候は、今日11日からの「腐れたる草蛍となる(くされたるくさ ほたるとなる)」です… まさに、新しいフィールドからちょっと足を伸ばした山の手では、あちこちにホタルブクロが咲いている今日この頃、水から生まれた蛍ですね… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2013/06/11 20:21
蟷螂生ず…
芒種の初候、第25候が、今日5日からの「蟷螂生ず(かまきり しょうず)」です… ちょうどピッタリ、ミニミニなカマキリを見つけました。 ご覧のように、まだ羽根もほとんど見えないくらい。 脚が結構長くて、何だか脚の数少ないんじゃない?と思うくらい… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/06/05 21:00
麦秋至る…イネ科、ハテナ
小満の末候、第24候は5月31日からの「麦秋至る(むぎのとき いたる)」です… 残念ながら、麦畑を撮るのは難しいので、こんなイネ科の植物を撮ってきました。 ご覧のように花が咲いています。 今まであまり見なかった種類なんですけど、新しいフィールドではけっこうよく見かけます。 これって、なんでしょう?… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/06/02 20:42
紅花栄う…オオキンケイギク?だけど
小満の次候、第23候は、26日からの「紅花栄う(べにばな さかう)」です… 紅花でぜひ草木染めをやってみたいですけど、今回は、オオキンケイギクで。 たぶん、これオオキンケイギクだと思うんですけど、キンケイギクだったり、キバナコスモスだったらゴメンナサイ。 でも、この時期、こんな花がすごく多いんですよね。 悪名高きオオキンケイギクもまだ咲いてるんじゃないでしょうか? 「綺麗」「可愛い」だけで、気軽に外来種を植えるのってちょっと怖いです… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/05/27 21:48
蚕起きて桑を食む2…再びモンシロチョウ
小満の初候、第22候の「蚕起きて桑を食む」は、5月21日から25日まででした… 前回ご紹介した、モンシロチョウのサナギ、その後です。 上の写真、あれれ? 居ませんね。抜け殻。 というわけで、羽根を乾かせて、羽ばたく準備中です… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/05/27 21:39
蚕起きて桑を食む…モンシロチョウ
小満の初候、第22候は、21日からの「蚕起きて桑を食む(かいこおきて くわをはむ)」です… イヤー、さすがに蚕は無理ですよ。 ということで、それでもがんばって、モンシロチョウのサナギです。 キャベツにくっつけたサナギ、よく見ると羽根が透けて見えるでしょ? もうすぐ羽化ですよ… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2013/05/24 20:51
竹のこ生ず… ツクシだけど
立夏の末候、第21候は、16日から20日までの「竹のこ生ず」でした… タケノコが出てくる頃って、このあたりだったらもうちょっと前なんですけど、何だかちょっとずれてる感じ。 というわけで、タケノコがないので、かなり前にとっておいたツクシを載せておきます… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/05/24 20:46
蛙始めて鳴く…殿!
前にも一度書いたんですけど、もう一度「蛙始めて鳴く」です… 5月5日から9日までは、立夏の初候、第19候「蛙始めて鳴く」。 ということで、蛙を写真に撮ってきました。 トノサマガエル、でいいのかな?… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/05/15 22:32
みみず出ずる…毛虫だけど
立夏の次候、第20候は、10日からの「みみず出ずる」です… うーん、ミミズ、アスファルトの道路には居ませんよね。 ということで、関係ありませんけど、アカメガシワの上にいる毛虫です。 よく見ると、葉っぱの端にアリがたくさん居ます。 アカメガシワの蜜腺に集まってるんでしょうね。 毛虫も蜜を舐めるのかな?… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/05/15 22:25
蛙始めて鳴く…ツバメだけど
立夏の初候、第19候は、5月5日からの「蛙始めて鳴く」です… 以前、偶然カエルの写真を撮れたんですけど、そううまく撮れるものではありません。 ということで、今回は、ツバメの写真です。 「ツチクテ、ムシクテクチシブーイ」と鳴くんだそうですね… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/05/06 20:10
霜止で苗出ずる…アブラナ系?
穀雨の次候、第17候は25日からの「霜止で苗出ずる(しもやんで なえいずる)」です… ていうか、さすがにこのあたりでは霜が降りる時期ではありませんけど、いろんな単子葉君も出てくる頃なんでしょうね? これ、単子葉君ではありませんけど、つぼみとは長くちゅくちゅっとついています。 キク科は確かでしょうけど、アブラナ系?… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/04/27 20:40
葭始めて生ず…オオバコですけど
4月20日から来ぬ24日までは、穀雨の初候、第16候の「葭始めて生ず(あし はじめてしょうず)」でした… 「穀雨」の頃だけあって、脚だけじゃなく、単子葉君たちが、どんどん生えてくるんでしょうね。 さて、公園の道沿いでも、ご覧のようにオオバコがたくさん生えてきています。 この葉っぱの形、ヘラオオバコ?… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/04/25 20:27
虹始めてあらわる…もう一度雷だけど
4月15日から19日までは、清明の末候、第18候の「虹始めてあらわる(にじ はじめてあらわる)」でした… 春、しっとりとした雨が降ったあとには虹が現れるということなのでしょうけど、残念ながらまだ虹を見ることができません。 ということで、もう一度、先日の春の嵐の雷に登場してもらいました… ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/04/20 20:42
鴻雁かえる…鰹だけど
清明の次候、第14候は10日から昨日14日までの「鴻雁かえる(こうがん かえる)」でした… 残念ながら渡り鳥の渡りを見ることができなかったので、同じ頃の旬、ということで、鰹です。 土佐の、鰹のタタキなんか美味しいんでしょうね。 柄の方は、何だかコイみたいな顔をした鰹です… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/04/15 20:52
玄鳥至る…カゲロウだけど
清明の初候、第13候は、5日からの「玄鳥至る(つばめ いたる)」です… ちょうどその頃、ツバメを見かけたんですけど、残念ながら写真の撮れませんでした。 というわけで、カゲロウ。 これもなかなか早めの登場じゃないのかな?… ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/04/09 20:47
雷乃ち声を発す…春雷
春分の末候、第12候は30日からの「雷乃ち声を発す」です… 今朝は、雷の音で目が覚めました。 ばらばらと急に降ってきた雷雨、春雷です。 上空では、夜と昼、暖かい空気と冷たい空気がせめぎ合ってるんでしょうね… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/03/31 20:29
桜、満開…桜始めて開く
某公園の桜です… 春分の次候、第11候は25日から30日までの「桜始めて開く」でした。 あちこちで桜が満開ですね。 少し寒い今年の桜のシーズンですけど、これくらいの方が花が長持ちするかな? 毎年学校がスタートするあたりには、散り始めてることが多いようですけど、今年はどうでしょう?… ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/03/31 20:23
桜始めて開く…2
春分の次候、第11候、「桜始めて開く(さくら はじめてひらく)」のパート2です… 剪定された桜って、けっこう幹から直接花芽が出たりするんですね。 こんな感じで、しっかり綺麗な花が咲きそうです… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/03/25 20:52
桜始めて開く…1
春分の次候、第11候は、「桜始めて開く(さくら はじめてひらく)」です… 4月の入学式あたりって、この辺では、桜が散り始めている頃なので、3月の後半、これからがちょうどいいのかもしれません。 満開より、これくらいの方が風情があっていいかも?… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2013/03/25 20:48
雀始めて巣くう…招き猫ダックだけど
春分の初候、第10候は20日からの「雀始めて巣くう(すずめ はじめてすくう)」です… 雀って、最近少なくなってきたらしいし、そういえば雀の巣って知りません。 ということで、同じ鳥ということで、アヒル(Duck)に登城してもらって、ついでに招き猫になってもらってます。 招き猫ダック… ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/03/23 20:46
菜虫蝶となる…テントウムシだけど
啓蟄の末候、第9候は、今日15日からの「菜虫蝶となる(なむし ちょうとなる)」です… 実は、先週うちの前でタテハチョウ系(ツマグロヒョウモンかアカタテハか?)を見たんですけど、写真に撮ることができませんでした。 で、その代わりと言っては何ですが、テントウムシです。 羽根の色つやを見ると、今年帰った個体じゃないかな?と思うんですけど、どうなんでしょう。 たぶん越冬した個体らしきものも参考までに載せておきます… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/03/15 21:16
桃始めてさく…木瓜だけど
啓蟄の次候、第8候は10日からの「桃始めてさく」です… 一昨日までは、20度を超える日もあるぽかぽか陽気でしたけど、一転、昨日からはまたまた冬に逆戻りしたお天気です。 今日も最低気温は1度くらいだったんじゃないでしょうか? でも、太陽の方はすっかり春の光になってるんでしょう、木瓜も一斉に咲き始めています… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2013/03/11 20:42
すごもりの虫戸を開く…テントウムシ
今日3月5日は、「啓蟄」… 初候、第7候です。 今日、蚊柱のようなのがたっているのを見ました。 これも「啓蟄」でしょうか? このナナホシテントウ君、たぶん冬越しの成虫ですけど、つやつやしていい色しています… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2013/03/05 22:38
草木萌え動る…苔だけど
雨水の末候、第6候は、2月28日からの「草木萌え動る(そうもく めばえいずる)」です… 木々の芽ばえを感じるというより、草の芽生えは感じる今日この頃です。 小さな小さな苔だって、ほらこんなふうに勢いよく芽生えています… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/03/03 21:28
霞始めてたなびく…朝焼けだけど
雨水の次候、第5候は、2月23日から27日までの「霞始めてたなびく」でした… そろそろ春霞の季節というわけですけど、今年はなんだかまだ寒いですねえ。 というか、この頃ゆっくり空を眺めていない私を発見したのでありました… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/03/03 21:23
土の脉潤い起こる、これってヤブカラシ?…
2月18日は、「雨水」… でも、19日には雨期が舞ったし、結構寒かったですね。 18日から22日までは、雨水の初候、第4候の「土の脉潤い起こる(つちのしょう うるおいおこる)」でした。 雪は降りましたけど、確かに土はふんわりと水分を含んで潤ってきているように思います。 ということで、うちの花壇にもいろんな「雑草」が生え始めましたけど、いつも思うんですが、これってなんでしょう? ミニなヤブカラシみたいな気もしますけど、去年もいつの間にか消えちゃいました… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 3

2013/02/24 21:29
魚氷を上る…金魚だけど
立春の末候、第3候は13日から17日までの「魚氷を上る(魚氷を上る)」でした… 川で魚を見つけて、とも思ったんですけど、ちょっと無理っぽいので、今回は金魚に登場してもらいました。 ガンダム少年と盆栽少年のうちにいる金魚ですけど、なんでも盆栽少年が夜店ですくってきたものだそうで、5〜6年目だそうです。 金魚って30年くらい生きるそうですから、まだまだこれからですけど… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2013/02/24 21:14
うぐいす鳴く…目白だけど
実は、七十二候の更新をしばらくしてませんでした… 立春の次候、第2候、8日から12日までは「うぐいす鳴く」だったんですけど、ウグイスって、声は聞いても姿はなかなか見られませんものね。 ということで、今回は、以前登場他目白にもういちど登場してもらいます。 ところでウグイスって、初めのうちは鳴くのが下手で、「ホーホケキョ」じゃなくて、「ホーケキョ」とか、少し音節が足りない鳴き方をしますよね… ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/02/18 21:10
節分から立春へ、東風凍を解く…
そういえば、今日は立春ですね… この時間でも気温が10度もあるし、暖かすぎる一日でした。 ということで、立春の初候、第1候は、「東風凍を解く(はるかぜ こおりをとく)」です。 写真の方は、昨日の節分の鰯です… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2013/02/04 19:47
鶏始めてとやにつく…椋鳥だけど
1月30日からは、大寒の末候、第72候の「鶏始めてとやにつく(鶏始めてとやにつく)」です… 鶏も卵をたくさん生む季節という旬があるんですね。 写真の方は、林際の椋鳥です。 ”秋の夕暮れ、田んぼ一面に群がる椋鳥”というのとは違った、生き生きとした姿ですね… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/02/01 22:21
水沢氷つめる…車が凍ってるんだけど
1月25日から29日までは、大寒の次候、第71候の「水沢氷つめる(さわみず こおりつめる)」でした… 昨日、今日あたりは、かなり暖かな夜なんですけど、確かにこの頃は、冷え込んでましたよね。 本とは、沢水が凍ってるところをとってくればよかったんですけど、車が凍ってるところで、ご了承を。 ただ、ちょっと汚れている上に凍ったんでしょうか?まだらな凍り方ですねぇ… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2013/02/01 22:16
蕗の華さく…ナルトサワギクだけど
大寒の初候、第70候は、20日からの「蕗の華さく(ふきの はなさく)」です… 蕗の花は、探せば見つかるかとは思うんですけど、今回はナルトサワギクです。 結局この花も年中咲いているんですね。 さすがに花弁が少し丸まってますけど… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2013/01/24 21:05
雉始めてなく…ヒイラギみたいな花、黄色い花?
小寒の末候、第69候は、15日から19日までの「雉始めてなく(きじ はじめてなく)」でした… 雉のペアができるころなんだそうです。 残念ながらこの辺に記事はいないので、先日見つけた花のことを… 去年も教えていただいた気がするんですけど、このヒイラギの葉っぱみたいなのに黄色い花が付いた植物、何だったんでしょう?… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2013/01/24 21:00
泉水温をふくむ…プルタブですけど
小寒の次候、第68候は、10日から14日までの「泉水温をふくむ(しみず あたたかをふくむ)」でした… でも、今頃の季節、一番冷たくなる頃に思うんですよね。 水で暖かくなるんだったら、こんなのが一番かも? ということで、プルタブを獲ったあと、どうしても笑ってる顔に見えちゃうんですけど、下膨れや細面があるようです… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/01/17 20:25
芹乃ち栄う …霜が降りる
今日は、朝けっこう冷えましたねぇ… 外に出てみると、ご覧のとおり、9時半近くになっても日陰では、霜が残っていました。 小寒の初候、第67候は、5日からの「芹乃ち栄う (せりすなわち さかう)」です。 セリ科の草もあちこちに出てはいますが、まずは霜が降りた今朝のオランダミミナグサを… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2013/01/07 21:12
雪下りて麦のびる…大根干し、見られず
冬至の末候、第66候は、去年12月31日から4日までの「雪下りて麦のびる(雪下りて麦のびる)」でした… 麦畑は、見ることができないので、寒い時期といえばこれ、と思って大根干しを待っていたんですが… 今年は見られません。 まだ冷たさが足りないんでしょうか? ちょっと気がかり… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/01/05 20:20
さわしかの角おつる…アーチ猫、落としちゃった
冬至の次候、第65候は、26日からの「さわしかの角おつる(さわしかのつの おつる)」です… さすがに鹿は無理だよね、と思いながら、部屋を片付けていると、以前買ったアーチ猫を落としちゃいました。 飛騨高山の土を使って焼いた猫…呉服屋さんにいた猫なんですけど。 残念… ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 3

2012/12/29 21:38
乃東生ず…サツマイモだけど
冬至の初候、第64候は、21日から25日までの「乃東生ず(なつかれくさ しょうず)」でした… で、一応「乃東」、夏枯れ草、つまり靫草(うつぼぐさ)を探したんですけど、見つからないので、こういうときは全然違うものを。 ということで、サツマイモを水につけて発芽させてみました。 こうしてみるとやっぱり朝顔の葉っぱに似てますね?… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 3

2012/12/29 21:33
さけの魚群がる…サーモンです
大雪の末候、第63候は、16日から20日までの「さけの魚群がる(さけのうお むらがる)」でした… さすがに、群がる鮭を写真に撮るのは無理なので、ここはお刺身です。 さてさて、どこからやって来たんでしょうね?… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/12/23 20:48
熊穴にこもる…ツユカ、うずくまる…
大雪の次候、第62候は、12日からの「熊穴にこもる(くま あなにこもる)」です… 動物園にでも行って、クマを撮ろうかな、と思ったんですけど、さすがにもう冬眠してるだろうし。 で、いつもの地域猫、ツユカです。 「猫は、こたつで丸くなる」はずですけど、長毛系のツユカ、けっこう寒さには強いみたいで、寒風の中でも道沿いで蹲っています。 でも、やっぱり地域猫、暖かいところでぬくぬくしている家猫のようにはいきません… ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 3

2012/12/15 21:51
閉塞冬となる…蓑虫、桜とともに春を待つ…
大切の初候、第61候は、7日から11日までの「閉塞冬となる(そらさむく ふゆとなる)」でした… 「閉塞」で、「そらさむく」と読ませるのは、なかなか難しいですけど、雰囲気は出てますよね。 写真は、蓑虫です。 冬に閉じこもっている虫の代表といえるかも知れませんけど、この蓑虫、よく見ると桜の冬芽を取り込んでミノを作ってますね。 桜とともに春を待っているんでしょうか?… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/12/15 21:44
橘始めて黄ばむ…こたつミカンの季節?
小雪の末候、第60候は、2日からの「橘始めて黄ばむ(たちばな はじめてきばむ)」です… 冬といえば、やっぱりミカンですよね。 「こたつミカンに猫」が、ピッタリの季節ではありますけど、残念ながらうちでは、「こたつ」がありません… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2012/12/04 21:39
蟋蟀戸にあり…ウマオイだけど
もう一月以上前の七十二候なんですけど… 寒露の末候、第51候は「蟋蟀戸にあり(きりぎりす とにあり)」(10/18〜10/22)でした。 気がつけば、秋の鳴く虫を写真に撮ったのはこれが始めてじゃなかったのかな、と思うんです。 今年は、秋に鳴く虫、出会わなかったんですねぇ。 ちなみに、キリギリスではなく、ウマオイですけど… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 3

2012/11/27 21:42
朔風葉を払う…桜
小雪の次候、第59候は、今日27日からの「朔風葉を払う(きたかぜ このはをはらう)」です… 確かに昨日、今日と風が強くなってきました。 いよいよ木枯らしが吹く季節に入ってきてるんですね。 公園の桜の木の下では、ご覧のように黄色から赤、枯れた茶色まで、いろんな色の落ち葉が吹き寄せられています… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2012/11/27 21:37
虹かくれて見えず…そろそろ乾燥の時期
きのう22日は、「小雪」… もう雪が舞う季節なんですね。 その初候、第58候は、22日からの「虹かくれて見えず(にじ かくれてみえず)」です。 見えないものをとるというのは難しいですね。 空気が乾燥し始めている時期、初冬らしい日の出風景を2枚… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/11/23 20:57
金盞さく…ヒメジョオンだけど
立冬の末候、第57候は、17日から21日までの「金盞さく(きんせんか さく)」でした… オレンジ色の花を咲かせるキンセンカ、けっこう花期が長いんですよね。 年が明けて早春を迎えてもまだまだ咲いていると思います。 今日のところは、これも年中咲いているという感じのヒメジョオンで… (2匹ほど、小さな小さな油虫がいますね) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/11/23 20:51
山茶始めて開く…サザンカ開く
立冬の初候、第58候は、7日から11日までの「山茶始めて開く(つばき はじめてひらく)」でした… この頃、何となく時雨れる日が多いように思いますけど、そんな冷たい雨が目覚めさせたように、うちのサザンかが花を開きました。 それも夜開いたんですよね。 夜のとばりに真っ白な、冷たい雨に濡れた花びらが浮かび上がります… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/11/15 21:32
地始めて凍る…霰、降る…
立冬の次候、第59候は12日からの「地始めて凍る(ち はじめてこおる)」です… それに会わせたかのように、今日のお昼休み、霰(あられ)が降りました。 ホント冷たい一日でしたよね。 ただ、つい、霰が降るとちょっと楽しくなった私ではあったんですけど… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/11/15 21:25
山茶始めて開く…椿の実だけど
今日は立冬… なるほど、寒くなってきているわけですね。 今日は、立冬の初候、第55候の「山茶始めて開く(つばき はじめてひらく)」です。 でもさすがにまだ椿は咲いていないので、花のあとに実がはじけたのを… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2012/11/07 20:11
楓蔦黄ばむ…もはや紅葉
霜降の末候、第53候は、2日からきのうまでの「楓蔦黄ばむ(もみじつた きばむ)」でした… ちなみにこれは、盆栽少年のツタです。 黄ばむ、というよりは、紅葉し始めてますよね。 近くの緑泥片岩で作られた石壁に匍わせたツタも、かなり紅葉に近づいてます… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2012/11/07 20:06
小雨ときどきふる…雲を貫く光芒
霜降の次候、第53候は、10月28日から11月1日までの「小雨ときどきふる(こさめ ときどきふる)」でした… 時雨れる季節、ということですよね。 でも、晩秋の雨のあとは、空と雲、太陽が綺麗な姿を見せてくれます。 灰色の雲に太陽の光が穴を開けて、光のスポットライトを浴びせています… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/11/07 20:02
月齢9.0、霜始めて降る、の次の日…
きのう23日からは、霜降の初候、第52候の「霜始めて降る(しも はじめてふる)」です… いよいよ秋本番、というところですね。 今日の空の月は、月齢9.0、ご覧のように冴え渡っています… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/10/24 20:27
蟋蟀戸にあり、カマキリだけど…
寒露の末候、第51候は、18日からの「蟋蟀戸にあり(きりぎりす とにあり)」です… この辺りでは、まだ秋の虫は、そんなに大合奏にはなっていないようです。 ということで、戸にいたのは、ご覧のようにキリギリスではなく、カマキリでした。 ちょっと小型で、「腹」が膨らんでいたし、前脚というか、鎌が付いてる足の上腕部分にイボみたいな突起があるので、ハラビロカマキリということにしておきます… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/10/21 20:35
菊花開く…ノゲシですけど
寒露の次候、第50候は、13日から17日までの「菊花開く(きくのはな ひらく)」でした… 時々、菊花展に出品でもするのでしょう、入り口にキクをたくさん並べたおうちもありますけど、そういえばたくさん種類があるわりには、いわゆる「菊」はそんなに見ません。 ということで、今回は、ノゲシです… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2012/10/21 20:27
鴻雁来る…秋晴れの空
明日は、寒露… すっかり涼しくなって、肌寒さを感じる今日この頃、朝露が置く時期ですね。 ということで、寒路の初候、第49候は「鴻雁来る(こうがん きたる)」です。 さすがに、まだ雁が渡ってきているのをみるというには早いと思いますが、空はすっかり秋空、爽やかな雲が流れています… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/10/07 21:04
水始めて涸る…空模様不安定
秋分の末候、第48候はきのうからの「水始めて涸る(みず はじめてかるる)」です… ただ、お天気の方は、不安定のようで、にわか雨がけっこう降ったりします。 この季節だから、いわゆる「時雨(しぐれ)」ですね。 朝、ムラサキゴテンの葉っぱに雨粒が残ってたりします… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/10/04 19:50
虫かくれて戸をふさぐ…ヤスデですけど
秋分の次候、第47候は、9月28日から今日までの「虫かくれて戸をふさぐ(むしかくれて とをふさぐ)」です… さすがに、虫が巣ごもりをして地上からいなくなっちゃうのはまだまだ先ですけど、どんな状況を指すのか、ちょっと調べる必要はありそうです。 で、白い壁のヤスデが登ってきます。まだまだ小さいので、壁の突起が小山のよう。 なかなか可愛いでしょ?… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

2012/10/02 21:18
雷乃ち声を収む…イソヒヨドリ、鳴きまねる
秋分の初候、第46候は22日から今日までの「雷乃ち声を収む(かみなりすなわち こえをおさむ)」です… 夏の激しい上昇気流も収まり、入道雲がモクモクということも少なくなりました。 そんな青い空に、小鳥の声。 何かと思うとイソヒヨドリです。 鳴き真似をしてたんですね。 「ヒヨドリ」と名前はついていますけど、ヒヨドリとは別の科。 声はこちらの方がグンといいですよね… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2012/09/25 20:13
鶺鴒、鳴く…秋は何の季節?
白露の次候、第44候は、12日から16日までの「鶺鴒鳴く(せきれい なく)」でした… 秋には、「食欲の秋」「芸術の秋」「読書の秋」「スポーツの秋」等々いろいろありますけど、「鶺鴒鳴く」でいうと、「恋の秋」というところでしょうね。 日本書紀の話から、鶺鴒はから「恋教え鳥」「恋知り鳥」などと呼ばれるんだそうです。 ふーん、ですけど… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2012/09/19 21:13
草露白し…紫御殿の雨粒
白露の初候、第43候は、7日からの「草露白し(くさつゆ しろし)」です… 確かに朝夕は、けっこう涼しくなってきましたけど、まだ暑さがぶり返したりはするんでしょうね? この頃、けっこう夕立みたいに雨が降ったりするのも、夏の空と秋の空が鬩ぎ合っている証拠でしょうか? 朝露ではなくて、雨粒ですけど、朝、葉っぱに水滴が乗っていると、ちょっと涼しい気分になります… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/09/09 20:44
禾乃ちみのる…
処暑の末候、第45候は2日からの「禾乃ちみのる(こくもの すなわちみのる)」です… まだ、お米が実るには早いとは思いますけど、とにかくこれからは首を垂れていって、実りの秋に近づいていきます。ちなみにこのイネ、とある学校で作っているものです。 去年、たまたま作っているのを見つけて、今年も覗いてみると、ご覧のようにお米が実っていました… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2012/09/04 20:16
天地始めてさむし…紫御殿に雨粒?
昨日の夜、雨が降ったようですね… ご覧のように、うちの花壇のムラサキゴテンの葉っぱのあいだに雨粒が溜まっていました。 なかなか綺麗でしょ? 葉っぱもよく見ると一つ一つの細胞が見えてるんじゃないかと思うような感じ。 処暑の次候、第41候は、28日からの「天地始めてさむし(てんち はじめてさむし)」です。 確かに、朝夕めっきり涼しくなりました… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/08/29 21:01
綿のはなしべ開く…フヨウ系だけど
処暑の初候、第40候は、23日から今日までの「綿のはなしべ開く(わたの はなしべひらく)」です… 「処暑」というには、日中はとてもとてもな暑さですけど、朝夕は確かに、「処暑」です。 綿の花って、今頃だったんですね。 夏の花の代表のひとつ、フヨウ系ですけど、綿の花のつぼみってこんな感じかな、と無理にこじつけて… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/08/27 21:42
深き霧まとう…虹を見る
立秋の末候、第39候は、17日からの「深き霧まとう(ふかききり まとう)」です… 朝夕の気温の低下で、霧が立ちこめるということでしょうね。 そんな今日、久しぶりに虹を見ました。 でも朝ではなくて、午後6時半前。 大気の中の水蒸気が相対的に増えるということと関係あるかも知れませんね。 電線に囲まれた、路地からの虹です… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2012/08/20 21:12
ヒグラシ、鳴く…クマゼミだけど
実は、七十二候、かなり長い間書きませんでした… というか、暑さにかまけて季節の移り変わりを気に留めていなかったんでしょうね。 でも、さすがにヒグラシやツクツクボウシが鳴き出すと、夏の終わりを感じさせてくれます。 立秋の次候、第38候は、12日から16日までの「寒蝉鳴く(ひぐらし なく)」でした。 「寒い蝉」という漢字も、雰囲気出てますね… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/08/20 21:04
涼風至る…もう秋?
7日は、立秋… 暦の上では秋というのに、毎日ホントに暑いですよね。 7日からは、立秋の初候、第37候の「涼風至る(すずかぜ いたる)」です。 確かに朝夕は、少し涼しさを感じますが、日中はなかなか涼風とはいかないので、見た目の涼しさを。 というわけで、そば屋さんの店先の水車です。 ついでに、涼しそうな魚、コハダです… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/08/10 22:02
大雨時々に降る…台風を見に行く
大暑の末候、第36候は、2日から6日までの「大雨時々に降る(だいう ときどきにふる)」でした… イヤー、確かに大当たりでしたねぇ。台風来てたし。 というか、去年の8月5日も台風のため美ら海水族館がお休みしてたみたいです。 そのわりには、けっこう雨もストップしてて、街を歩けましたけど。 というわけで、写真は、玉泉洞です… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/08/10 21:56
土潤いてむし暑し…金床雲も
今日から、大暑の次候、第35候の「土潤いてむし暑し(つちうるおいて むしあつし)」です… ホント蒸し暑い日々が続きます。 大地もどんどん熱せられているのか、入道雲も背を高くしています。 今日の夕方は、ご覧のように少し金床雲になった入道雲も出ていました。 8月に入った方が、湿度は少し下がるとは思いますけど、まだしばらくこの蒸し暑さ、続きそうですね… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/07/28 21:08
暑さ、絶頂…桐始めて花を結ぶ
大暑の末候、第34候の「桐始めて花を結ぶ(きりはじめて はなをむすぶ)」は、22日から昨日27日まででした… 梅雨が明けて、ホント蒸し暑い日々が続きます。 暑さ絶頂ですね。 ところで、今年はまだ、桐の花を見ていません。というか、桐の花が咲いていそうなところにいっていないせいかな? 今年は、ホタルもみなかったし、年々季節の移り変わりを見過ごすようになってしまってます… (というわけで、桐の花の写真がないので、関係ないですけど、berry類のフラワーアレンジメントを) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/07/28 20:59
鷹乃ちわざをならう…
小暑の末候、第33候は、17日からの「鷹乃ちわざをならう(たかすなわち わざをならう)」です… 梅雨が明けて、毎日猛暑日ではないかと思うようなお天気が続きます。 当然上昇気流がどんどん立ち上っているはずで、気流に乗って「鷹乃ちわざをならう」のも容易ではないかと… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/07/19 19:41
蓮始めて開く…蓮のある風景
小暑の次候、第32候は、12日からの「蓮始めて開く(はす はじめてひらく)」です… この頃は。七十二候と関係のない写真ばかりだったんですけど、今日はようやく関係ある写真が載せられました。 とあるおうちの瓶に植えられた蓮です。 街灯のポールが残念ですけど、なかなか素敵な玄関のレイアウトです… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2012/07/15 21:48
温風至る…タンポポの綿毛だけど
今日の七夕、また織り姫と彦星は会えませんでしたねぇ… この時期って、梅雨の後半にあたって、雨が多くなる時期なのに、よりによってその時期に天の川をわたろうというのは、無謀ではないかと。 できれば旧暦に設定してあげるといいのにね。 というわけで、小暑の初候、第34候は、今日7日からの「温風至る(あつかぜ いたる)」です。 空一面の雲で、写真を撮っても灰色一色なので、タンポポの綿毛を載せました。 雨の中でも、健気にふんわり膨らんでます… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/07/07 21:20
半夏生ず…キノコだけど
夏至の末候、第30候は、1日からの「半夏生ず(はんげ しょうず)」です… 「半夏生ず」の「ハンゲ」って、カラスビシャクのことなんだそうですけど、私的には、別名カタシログサ(片白草)の半夏生の方が印象的なんですよね。 これって昔、植物観察会のとき、友の会の先生に教えてもらったんです。 そうそう、マタタビも葉っぱが白くなりますよね。 写真は、関係ないけど、雨後のキノコです… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/07/06 20:13
菖蒲はなさく…ツユクサだけど
夏至の次候、第29候は、26日からの「菖蒲はなさく(あやめ はなさく)」です… でも、アヤメって今頃なのかな? 5月頃だった気がするんですけど、というか、端午の節句にショウブを軒の投げ上げる風習があったりするし。 ということで、私的に今の季節なツユクサに再登場してもらっておきます… ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/06/30 20:13
乃東枯る…ハマユウだけど
この間の夏至も梅雨の中に埋もれてしまいましたけど、確かに日が長い今日この頃ですよね… 夏至の初候、第26候は21日から25日までの「乃東枯る(なつかれくさ かるる)」でした。 ウツボグサ(靫草)が枯れる頃というわけですけど、この辺りでは見かけませんので、逆にこの頃つぼみを付け始めたハマユウを載せておきます… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/06/27 20:07
梅のみ黄ばむ…レモンだけど
芒種の末候、第30候は、16日からの「梅のみ黄ばむ(うめのみ きばむ)」です… 今の時期の名前にもなっている「梅」が熟す時期、通りがかりのおうちの盆栽に梅が実っているのを見かけるのですけど、写真を撮る間がないので、今回はレモンで。 レモンの方は、まだまだ熟すというところまで行ってませんが、今年はけっこう実りそうです… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/06/17 20:52
腐れたる草蛍となる…キチョウだけど
芒種の次候、第26候は10日から15日までの「芒種(くされたるくさ ほたるとなる)」でした… そういえば、もうホタルの季節なんですね。 ここ何年かじっくりホタルも見に行っていません。 今年こそ…見に行けるかな? ホタルの代わりに、サツキにとまるキチョウです… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/06/17 20:48
蟷螂生ず…アブだけど
芒種の初候、第25候は5日からの「蟷螂生ず(かまきり しょうず)」です… まだカマキリに出会っていないので、今回はこのアブで。 ムシヒキアブ系でしょうか。 強いていうとシオヤアブ。 しかし、なかなかおぞましい形をしてますねえ… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/06/08 21:23
麦秋至る…猫のしっぽなイネ科…
小満の末候、第27候は、5月31日までの「麦秋至る(むぎのとき いたる)」でした… この辺りで麦畑を見つけるのは、ムリなので、単子葉くんの登場です。 このイネ科のハテナ草の穂、ほら、猫が興奮してシッポの毛を逆立てたときに似てません? このイネ科ハテナ猫シッポ早、なんていうんでしょ?… ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/06/08 21:04
紅花栄う、ノゲシですけど…
小満の次候、第23候は、26日からの「紅花栄う(べにばな さかう)」です… でも、ベニバナって花の色は黄色なんですよね。 たとえばこのノゲシ、花は黄色ですけど、しぼんだ後はかなり濃いオレンジになったりします。 こんな感じじゃないのかな?… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/05/27 21:05
蚕起きて桑を食む…ケムケムですけど
小満の初候、第22候は、21日からの「蚕起きて桑を食む(かいこおきて くわをはむ)」です… で、さすがにカイコはいないので、ケムケムで。 なかなか鮮やかな色ですけど、タテハチョウ系だったらいいんですけど、蛾でしょうね… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/05/25 21:09
竹のこ生ず…タケノコ御飯
一日早いんですけど、あす、15日からは、立夏の末候、第24候の「竹のこ生ず(たけのこ しょうず)」です… ということで、タケノコ御飯をいただきました。 こうしてみるとタケノコって当たり前ですけど、植物ですねえ。 根がしっかりたくさん出てるし、縦に切った断面では、竹の節がしっかり見えます… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/05/14 19:02
スズメ、脚を取られる…「みみず出ずる」
スズメです… この辺りでスズメを見かけることが少なくなってるんですけど、このスズメ、どうも人工芝に脚を取られているようです。口には、小さな虫をくわえているようなので、虫をめがけて飛んできて、見事キャッチしたけれど、人工芝の隙間に脚が挟まっちゃったのかも知れません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/05/13 19:43
蛙始めて鳴く…まだ出会わず
立夏の初候、第19候は、5日からの「蛙始めて鳴く(かわず はじめてなく)」です… でも、残念ながら、このフィールドではまだカエルに出会ってません。 この絵にあるようなカタツムリにもまだ出会いません。 トンボもまだです。 あとのいきものは、何でしょうね?… ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 3

2012/05/08 21:36
牡丹はなさく…2 花王と牡丹
先日も書きましたが、穀雨の末候、第21候は、今日30日から5月4日までは、「牡丹はなさく(ぼたん はなさく)」でした… 牡丹って、中国では華の王様だそうで、そういう意味から、「花王」とも書くそうです。 「花王」というと、某大手化学メーカーを思い出すし、三日月のマークを思い出すんですけど、ホントは、牡丹がマークでもよかったのかも知れませんね?… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/05/08 21:32
牡丹はなさく…シャクヤクかな?
穀雨の末候、第21候は、今日30日からの「牡丹はなさく(ぼたん はなさく)」です… ということで、耳ほどいてのビーグルくんのおうちに、ボタンがあったので写真に撮ってみました。 なんですけど、シャクヤクかも知れません。 ボタンは木、シャクヤクは草、なんていうのは、見た目に関係ないので、これどっちなんでしょう?… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/04/30 20:21
霜止で苗出ずる_…黄砂だけど
穀雨の次候、第17候は、25日からの「霜止で苗出ずる(しもやんで なえいずる)」です… 霜、というよりは、何日か前には、黄砂を見たし、かなり初夏に向かっての季節になってきていますよね。 田んぼを作っている人は、そろそろ準備なのでしょうか?… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/04/29 20:10
葭始めて生ず…イネ科のハテナ?
穀雨の初候、第16候は、20日から24日までの「葭始めて生ず(あし はじめてしょうず)」でした… アシではないんですけど、いろんな単子葉くんもどんどん出てきています。 このイネ科のハテナくんも、素敵な花をつけてるでしょ? オレンジ色の葯の根元に、フライのルアーのような雌しべ?も見えます… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/04/27 21:29
虹始めてあらわる…アユだけど
清明の末候、第15候は、4月14日から19日までの「虹始めてあらわる(にじ はじめてあらわる)」でした… 確かに、大地に水分が蓄えられてきた感じがしますよね。 ホントは、虹を撮りたかったんですけど、なかなかお目にかかれなかったので、ニジマスでも、と思ったんですけど、これも苦しかったので、アユということに。 かなり苦しいですけど、このラメも綺麗でしょ?… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/04/27 21:14
鴻雁かえる…鰹のタタキで…
清明の次候、第14候は9日から13日までの「鴻雁かえる(こうがん かえる)」でした… といっても、この冬は、水鳥をじっくり見ていなかったので、雁が帰って行く様子も見ていません。 その代わり、といってはなんですが、旬の魚、鰹です。 鰹のタタキなんか、いいですよね… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/04/16 21:50
玄鳥至る…燕と出会う…
清明の初候、第13候は、4日からの「玄鳥至る(つばめ いたる)」です… 七十二候に合わせて、ピッタリ燕なんて登場するはずないや、と思っていたんですが。 今日、朝、ふと見あげると幅の細い翼、、先の分かれたシッポを持った中型の鳥が少し上をスーッと飛んでいきました。 ピッタリ燕に出会って、ちょっと嬉しい今朝の通勤でした(ただ、写真が撮れなかったので、新しいi Padのアプリでゴメンなさい)… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/04/05 21:23
雷乃ち声を発す…
今年は、春一番って、いつふいたんでしょう?… 春分の末候、題12候は30日からの「雷乃ち声を発す(かみなりすなわち こえをはっす)」です。 先週の金曜日も少し風が強かったですけど、それだと春何番かになってるはずですよね。 なんだかけじめがないうちに春になっちゃった感じがしないでもありません… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/04/02 21:29
桜始めて開く… ソメイヨシノもそろそろ?
春分の次候、第11候は、昨日25日からの「桜始めて開く(さくら はじめてひらく)」です… この桜は、けっこう出かけることのある公共施設にあるものです。 枝垂れ桜のどれかだと思うんですけど、ソメイヨシノは、最近の冷たさが佐沢委して開花が少し遅れるとか。 でももう秒読みでしょうね… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/03/27 19:42
雀始めて巣くう…ヒヨドリかな?
うちの近くに、ちょっとした丘があって、ウグイスの声が聞こえるようになってきました… 林際では、メジロの姿を見たこともあるんですけど、残念ながらなかなか写真には収まってくれません。 ということで、今回は、この鳥を… 写真を撮ったときはヒヨドリだと思ったんですけど、まだ若いせいか、ツグミみたいな感じもします。でも、ヒヨドリですよね。 春分の初候、第10候は、昨日20日からの「雀始めて巣くう(すずめ はじめてすくう)」です… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/03/21 20:56
菜虫蝶となる…テントウムシだけど
啓蟄の末候、第9候は、15日から19日までの「菜虫蝶となる(なむし ちょうとなる)」でした… ホントはモンシロチョウなんかを探したかったんですけど、残念ながら見つけられなかったので、再びテントウムシに登場してもらっています。 彼らも、団体で壁に取り付いて、どんどん羽化しています… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/03/21 20:42
「笑」が素敵な、「桃始笑」…
もう一つ「啓蟄」の話題… 啓蟄の次候、第8候「もも はじめて さく」は、「桃始笑」とも書きます。 「さく」を「笑」と書くのが素敵ですね。 というか、この「笑」の字は、いろいろ紆余曲折?のある字のようで、もともと「わらう」の原字「口」偏に「芺」だったのが間違って伝えられて「咲」になったんだそうです。で、「笑」は「芺(アザミ)」の誤用だったのが、「咲」の意味で使われ出したんだとか(角川 新字源)… 何だかよく分かりませんけど、「植物が笑ってるように花が咲く」という... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/03/10 22:05
蟄虫啓戸…やっぱり蛙ですね
一つ前の記事で鰆の絵が載っていた某i Pad アプリの「啓蟄」の時の絵です… これは、なかなかそれらしいですね。 と思ったら、「本草図説」の絵らしいです。 うーん、やっぱり昔の日本人は、しっかり自然の生きものを観察してたんですねぇ… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/03/10 21:31
桃始めてさく…桜餅だけど
啓蟄の次候、第8候は、今日10日からの「桃始めてさく(もも はじめてさく)」です… ただ、この時期、やっぱり桃は無理じゃないかなぁ? ということで、桜餅を。 桜の葉っぱの香りもまたいいですよね… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 5

2012/03/10 21:12
すごもりの虫戸を開く…啓蟄
今日は「啓蟄」… 啓蟄の初候、第7候は、5日からの「すごもりの虫戸を開く(すごもりむし とをひらく)」。 確かに「三寒四温」の「寒」の部分がなくなってきたような感じですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/03/05 20:23
ナズナの葉っぱって、こんなのでしたっけ?…草木萌え動る
いままでマメグンバイナズナばかり見てきたせいか、普通のナズナがどんなだったのか、忘れちゃいました… これって、普通のナズナですよね? あれ? ちがう? やっぱり、マメグンバイナズナなんですね? というか、ナズナの葉っぱって、こんな感じでしたっけ? というわけで、雨水の末候、第6候は、今日129日からの「草木萌え動る(そうもく めばえいずる)」です… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/02/29 20:43
霞始めてたなびく…夜の雲
雨水の次候、第5候は、24日から昨日28日までの「霞始めてたなびく(かすみはじめてたなびく)」でした… このところ最後の寒波がやって来て、雪が降ったりしていますけど、上空では春の装い、というわけでしょうか? iPad2 のお天気アプリ、weather HD からです… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/29 20:37
土の脉潤い起こる…霜が降りましたけど
薄いの初候、第4候は、昨日19日からの「土の脉潤い起こる(つちのしょう うるおいおこる)」です… ただ、お天気はそれに反して冷たい朝を迎えました。 柔らかい葉っぱたち、霜にあたると赤くなっちゃいますよね… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/02/20 20:46
魚氷を上る…旬の魚ホウボウ
立春の末候、第3候は、14日から18日までの「魚氷を上る(うお こおりをいずる)」でした… これも、氷から魚が顔を出すという写真は、難しいのでいつものiPad2 アプリです。 旬の魚としてホウボウが紹介されています。 見た目は異様な魚ですけど、確かに煮付けなんかにするとホント美味しいですよね。 でもどうしてこんな異様なひれを持ってるんでしょうね… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2012/02/20 20:42
うぐいす鳴く…まだ登場せず
立春の次候、第2候は、9日からの「うぐいす鳴く(うぐいす なく)」です… ご近所探検のおうちの庭には、毎年春にはメジロがやって来て、さえずります。 でも今年は、まだのようですね。 ということで、旬の魚(というか、貝ですけど)ハマグリとともに… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/02/13 20:03
東風凍を解く…ヘリだけど
今年も立春以降、冷たさが倍増したような気がしますよね… 4日から8日の、立春の初候、第1候「東風凍を解く(はるかぜ こおりをとく)」にもかかわらず、氷が張っていました。 空も冷たそうではありますけど、さすがに春風もはらんでいるのでしょうか、けっこう明るい空ではありました。 ということで、ヘリの写真を2枚… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/02/12 21:43
立春…一年の始まり
今日は立春、新しい年が始まりました… そういえば昨日ぐらいから、少し寒さが和らいだ気がします。 早春の太陽を浴びて、例の大根も少し干し上がってきた感じ。 七十二候では、「東風凍を解く(はるかぜ こおりをとく)」です… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/02/04 21:14
鶏始めてとやにつく…旬の野菜と魚
大寒の末候、第72候は、1月30日からの「鶏始めてとやにつく(にわとり はじめてとやにつく)」です… ニワトリが春の気配を感じて卵を産むために鳥小屋に入るという意味ですけど、うーん、ピンと来ませんねぇ。 ところで、セロリというと何だか季節感に乏しい気もしますけど、セリ科ですから今が旬なんですよね。 海の方では、鯛が旬の魚。 こちらの方は何となく納得。 例によって、iPad2 のアプリからでした… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/02/02 21:57
水沢氷つめる…全然関係ないけど、ウーパールーパー
1月25日から29日までは、大寒の次候、第71候の「水沢氷つめる(さわみず こおりつめる)」でした… これもなかなか時間がなくて、谷水の流れる場所には行けませんでした。 ということで、全然関係ないですけど、水つながりというだけで、ウーパールーパーを載せておきます。 幼生のまま、大人になっちゃったものですけど、ずーっと以前、私が飼っていたウーパールーパーは、環境がよすぎたのか、ホントの大人のサラマンダーになっちゃいました… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/01/31 21:17
蕗の華さく…ノゲシですけど
大寒の初候、第70候は、1月21日から24日までの「蕗の華さく(ふきの はなさく)」でした… 気にはなってたんですけど、なかなか蕗の花が咲いていそうなところに出かけられなくて。 と、言い訳しながら、代わりにノゲシを載せておきます。ちょっと白っぽくなった花びらのです… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/01/31 21:10
雉始めてなく…鍋が美味しいかも
小寒の末候、第72候は、16日からの「雉始めてなく(きじ はじめてなく)」です… 残念ながらこの辺で雉の鳴く声を聞こうというのは、動物園に行かない限りちょっとムリなので、iPad2 プリで。 この時期、やっぱり鍋が登場することが多いですけど、さすがに雉鍋がちょくちょく、というわけにはいきません。私的には、ボタン鍋が好きなんですけど、旬の野菜ということで「水菜」と、旬の魚の「鱈」も、鍋にピッタリということで揚げておきます… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/01/16 20:31
泉水温をふくむ…一番冷たい時期だけど
小寒の次候、第68候は、11日から15日までの「泉水温をふくむ(しみず あたたかをふくむ)」でした… でも、冷え込んだときの谷水なんかはひょっとして、周りよりは暖かく感じるかも知れませんけど、今は一番水が冷たく感じるときかも知れません。 ということで、この水車は、とあるそば屋さんの店先にあるものです… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/01/16 20:25
芹乃ち栄う…キヌゲチチコグサだけど
小寒の初候、第67候は、6日から10日までの「芹乃ち栄う(せりすなわち さかう)」でした… ということで、七十二候の更新、少し忘れてました。 ということで、「芹乃ち栄う」は、まさに七草に併せてピッタリだったんですけど、機会を逃しちゃったので、今回は、キヌゲチチコグサにしておきます… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/01/16 20:20
雪下りて麦のびる…冬の空、続く
冬至の末候、第66候は、元旦からの「雪下りて麦のびる(ゆきわたりて むぎのびる)」です… 残念ながら麦を植えているところはないので、冬日が続く空模様を。 しかし、ホント冬空が続きましねえ… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/01/04 21:38
さわしかの角おつる…旬の魚 鮟鱇
冬至の次候、第65候は、27日からの「さわしかの角おつる(さわしかのつの おつる)」です… さすがに鹿の写真とは、簡単にいかないので、今回もiPad2 アプリで。 ついでといってはなんですけど、旬の魚として鮟鱇も… これも、最近こそもてはやされてますけど、そうそう食べる魚でもありませんよね… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2011/12/29 19:58
乃東生ず…蓮根だけど
冬至の初候、第64候は、22日からの「乃東生ず(なつかれくさ しょうず)」です… 冬至の日は、カボチャもゆず湯も忘れちゃいました。 さて、「乃東」って、ウツボグサのことらしいですけど、この辺りでありそうなのは、ご近所探検のおうちくらい。 というわけで、今回は、旬の野菜「蓮根」で、許してもらうことにします… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2011/12/25 21:24
イブなのにゆず湯…
実は… 冬至の日にゆずを入れるの忘れちゃったんですよね、買ってたのに。 というわけで、せっかくなので、クリスマスイブにゆず湯です。 ま、いいでしょ?… ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 5

2011/12/25 21:02
冬至といえば、柚でしょ?…
冬至といえば、カボチャや柚ですよね… ということで、偶然今日、ゆずが鈴なりの木を見つけました。 とある公共施設、実のなる木を植えてるのが嬉しいですよね。 今日は、皆さんゆず湯でしょうか?… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2011/12/20 20:27
さけの魚群がる…iPad アプリ
大雪の末候、第63候は、17日からの「さけの魚群がる(さけのうお むらがる)」です… 確かに鮭の塩焼きとか鮭を入れた粕汁とかが美味しい季節です。 熱い御飯と鮭、美味しいですよね… (p.s.iPad アプリです) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2011/12/20 20:16
熊穴にこもる…iPad アプリだけど…
大雪の次候、第62候は、12日からの「熊穴にこもる(くま あなにこもる)」です… でも、これはさすがに写真に撮るというわけにはいきませんねぇ。 動物園に行っても冬眠中と書いてたりするし… ということで、以前ご紹介したiPad 2 アプリにピッタリのがあったので、もう一度ご紹介です。 なんか、猟犬みたいなクマですね… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2011/12/13 20:29
閉塞冬となる…モクモク積雲だけど
今日は、大雪… 七十二候では、大雪の初候、第61候の「閉塞冬となる(そらさむく ふゆとなる)」です。 たしかに寒いんですけど、日中太陽が当たっているところでは、けっこうポカポカして暖かく感じます。 そんなことも反映されてか、夕方、こんなモクモク積雲が空に浮かぶことも。 入道雲の小さいのみたいですね… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

2011/12/07 20:48
橘始めて黄ばむ…レモンだけど
小雪の末候、第60候は、2日から今日までの「橘始めて黄ばむ(たちばな はじめてきばむ)」です… ということで、いつものミカンを撮ろうと思いましたが、さすがにもうありませんでした… ということで、同じ柑橘系ということで南アフリカ産のレモンです… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2011/12/06 21:08
北風木の葉を払う…八重桜の冬芽
小雪の次候、第59候は、27日からの「北風木の葉を払う(きたかぜ きのはをはらう)」です… 木枯らし第1号はとっくに吹きましたけど、それ以来強い風は吹いてはいません。 そのためかどうかは分かりませんけど、ご覧のように八重桜の葉っぱも、紅葉しながらもかなり木に残っています。 葉柄が綺麗な「茜色(あかねいろ)#b7282e R:183 G:40 B:46」なのが印象的、冬芽もさらに濃い「濃紅(こいくれない)#a22041 R:162 G:32 B:65」です… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2011/11/29 20:27
虹隠れて見えづ…飛行機雲ねじれる
小雪の初候、第58候の「虹隠れて見えづ(にじ かくれてみえづ)」は、11月23日から26日まででした… 日本は、中国とは気候が違うから、季節のことばは多少ちがいますが、確かに冬は、乾燥したお天気のことが多いですよね。 ただし、このところ空模様はすっきしとせず、曇りがちのお天気。 広がった雲の中に浮かぶ飛行機雲、どうした具合か、何回かひねりが入っているように見えます… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/11/29 20:19
金盞花香し…これもキク科だけど
18日からは、立冬の末候、第57候の「金盞花香し(きんせんか こうばし)」です… 今、周りにキンセンカが目に付かなかったのと、私的にはそんなに好きな花でもないので、個々では別のキク科の花、ということで。 ちなみに、これってナルトサワギクあたりでしょうか? 葉っぱの鋸がちょっと違うように思いますけど、花びらの数は13枚です… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2011/11/22 22:02
ツタ、すっかり紅葉する…
すっかりオレンジ色に紅葉したツタです… 七十二気候でいうと、「霜降」の末候、第57候の「紅葉蔦黄ばむ(もみじつた きばむ)」あたりがピッタリですけど、これは11月3日から7日まで… でも、朝日に照らされて一生綺麗に見えるツタですよね… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2011/11/22 21:53
地始めて凍る…冬支度の虫たち
立冬の次候、第56候は、今日13日からの「地始めて凍る(ち はじめてこおる)」です… さすがに、まだまだ霜柱が立つほどではありませんが、いよいよ冬、という感じですね。 というわけで、地面が凍った写真ではなくて、冬支度に忙しいはずの虫たちです。 ハムシは一生懸命ヨモギの葉っぱを食べ、コモリグモは卵嚢をかかえて走っています… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2011/11/13 19:46
椿開き始む…山茶花だけど
暦の上では、「立冬」も過ぎて、もう冬… 立冬の初候、第55候は、8日からの「椿開き始む(つばき ひらきはじむ)」です。 うちの前の山茶花も、ご覧のように花を開き始めました… 蜜?に誘われたのか、蟻の姿も見えます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/11/09 20:18
紅葉蔦黄ばむ…花梨も黄ばむ
霜降の末候、第54候は3日からの「紅葉蔦黄ばむ(もみじつた きばむ)」です… さっきのイチョウも黄色く黄葉し始めていますが、果実の方も熟して色づき始めています。 これは、花梨。いい香りをあたりに漂わせ始めています… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2011/11/04 19:48
小雨時々降る…紫御殿に布目? 細胞?
10月29日から、11月2日までは、「霜降」の次候、第53候の「小雨時々降る(こさめ ときどきふる)」です… まさに、昨日雨が降ったばかりではあります。 さてこの写真の紫御殿、昨日の雨水をためているのですが、その水面を通して葉の表面に布目のようなものが付いてるよう見えます。 細かな毛が生えているから、水をはじいているんでしょうけど、水滴がレンズの役目もして、葉の表面の細胞を拡大しているのかも?… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2011/10/31 20:39
霜始めて降る…冬に向けて
10月24日から28日までは、「霜降」の初候、第52候の「霜始めて降る(しも はじめてふる)」でした… 秋が深まる、と思ってましたが、むしろ冬に近づくと言っていいかもしれません。 昨日は雨が降っていたので、霜のせいではありませんが、丘の方では、朝日を浴びて地上の水蒸気が蒸発している様子がみえたようです… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2011/10/31 20:33
蟋蟀戸にあり…ハムシだけど
寒露の末候、第51候は、19日から昨日までの「蟋蟀戸にあり(きりぎりす とにあり)」でした… ここでいうキリギリスって、イソップ童話にでてくるあのキリギリスではなくて、どうもコオロギのことらしいですね。 つまりコオロギが、家の戸の所にやって来てなく頃、ということです。 秋本番… ただ…写真は、ハムシです… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2011/10/24 20:26
菊花開く…タンポポだけど
寒露の次候は、10月13日から17日までの「菊花開(きくのはなひらく)」でした… 字のとおり、キクの花が開く頃ではありますけど、このタンポポもキク科。 ということで、タンポポもあちこちで花をつけ、綿毛を飛ばしています… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 10

2011/10/20 21:20
雁来る…鶺鴒だけど…
9日からは、寒路の初候、第49候の「雁来る(がん くる)」です… 冬鳥が、渡ってくる頃というわけですけど、いちど渡り鳥のくる池を見に行ってみないといけませんね。 写真は、体全体が灰色っぽいので、ハクセキレイのようです。 そういえば、ハクセキレイと背黒鶺鴒が、入り交じっているというのをあまり見ないように思いますが、いかがですか?… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

2011/10/12 20:42
水始めて涸る…新米の季節、近づく
秋分の末候、第40候は、3日からの「水始めて涸る(みず はじめてかる)」… 中国では、川などの水が涸れる頃となりますけど、ニホンでは田んぼの水を落として、いよいよ稲刈りの時期…というくらいでしょうか? 新米がとれると、もちろんそのまま味わうと同時に、たとえば日本酒の醸造が始まる、なんて言うこともあるのかな。ヨーロッパで言うと、ワインの仕込み、みたいな… ということで、これは先日和歌山県にいる勝手に特派員から頂いたものです。 日本酒を飲む人たちには、けっこう有名なお酒なんだそうです… ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/10/06 20:23
蟄虫戸を閉ざす…カジカかな?
秋分の次候、第47候は、28日からの「蟄虫戸を閉ざす(ちっちゅう とをとざす)」です… 土の中で冬ごもりをする虫が、穴に入る頃、というわけですけど、カエルも「蟄虫」ですよね。 でもこのカエルくん、ご覧のとおりまだまだ地上で活躍しています。 ところで、これ、カジカガエル?… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2011/09/29 20:17
雷声を収む…秋の空
秋分の初候、第46候は、23日から今日までの「雷声を収む(かみなり こえをおさむ)」です… 湿った暖かい空気が、どんどん上空に昇って入道雲を造り、雷雨を降らせる、そんな季節も、もうお仕舞いというわけです。 空を見上げてみても、まだ水分は多めかも知れないけれど、雲の形はすっかり秋色です… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2011/09/27 19:44
燕、去る…今年の燕の巣は?
9月18日から22日までは、白露の末候、第45候の「燕去る(つばめ さる)」でした… もう南の国に帰って行っちゃう時期なんですねえ… ふと思ったんですけど、何だか今年、燕の巣を見たのが少なかったように思うんですけど、どうなんでしょう? ちなみに、写真は、アルミ製のカブトムシです… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2011/09/26 21:10
「鶺鴒鳴く」とオンブバッタ…
白露の次候、第44候は、9月13日から17日までの「鶺鴒鳴く(せきれい なく)」です… そのまま鶺鴒が鳴く頃というわけですが、鶺鴒は「恋教え鳥」「恋知り鳥」という異名もあるそうです。 その鶺鴒たちが歌い始めるというのですから、恋を語り始めることというわけでしょうね… ここからこじつけ写真ですけど、オンブバッタは、雌雄のペアの姿を見て付けられた名前ですけど、今日初めてペアでいるオンブバッタを見つけました。 「鶺鴒鳴く」ころは「おんぶ飛蝗番う」頃でもあるということで… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

2011/09/22 20:24
白露…草露白し
今日は、白露。確かに朝夕は、かなり涼しさを感じる今日この頃です… 白露の初候、第43候は、今日から12日までです。 でも、これで「秋本番」じゃなくて、何度か暑くなったり涼しくなったりするんでしょうね… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2011/09/08 19:41
禾実る…中央分離帯の単子葉くん
処暑の末候、第42候は、今日からの「禾実る(こくもの みのる)」です… 穂が垂れ下がって実っている稲、この台風で大きな被害を受けなければいいんですが… さて、これは道路の中央分離帯に生える単子葉くんです。 見にくいですけど、茶色の丸い穂がたくさん見えます。クグ系かな? カラスが、この分離帯に歩きにとまったり進んでしょうね、羽根が落ちています… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2011/09/03 20:24
天地始めて寒し…かな?
昨日29日からは、処暑の次候、第41候の「天地始めて寒し(てんち はじめてさむし)」です… 寒い、とは思えませんけど、確かに朝夕は、涼しい風を感じるようになったかな? でも七十二候では、この一つ前の「立秋」の初候「涼風至る」(8/8〜8/12)のほうが、ピッタリくる感じですけど。 夕焼けは、少し「涼風」を館いますね… ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 19

2011/08/30 20:52
綿の花しべ開く…セミの季節が終わる?…
夏の盛りの賑やかなセミ、クマゼミやアブラゼミはそろそろ終わりなのでしょうか?… 暦の上では、季節が秋に移り、暑さも一段落した処暑、その初候、23日からの第40候「綿の花しべ開く(わたの はなしべひらく)」も、今日で終わりです。 綿の花、周りにはないかも知れませんけど、探してみることにしましょう… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2011/08/29 20:10
濃霧昇降す…少しは朝夕涼しい?
18日から今日までが、七十二候、立秋の末候、第39候の「濃霧昇降す(のうむしょうこうす)」です… 日中は、相変わらず暑いですけど、ここ何日か雨が降ったりで、朝夕は涼しさも感じられます。 というか、前線が停滞して、まさか秋雨前線? でも、日中は、ご覧のとおりの入道雲です… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/08/22 21:54
蜩鳴く…老バッタ?
8月13日から17日までは、立秋の次候、第38候の「蜩鳴く(ひぐらし なく)」でした… ヒグラシが鳴き始めると、やはり「秋」間近という感じですよね。 生きものたちも気のせいか、元氣がなく? 「ワシは、まだまだ元氣じゃぞ」な、老バッタ?… なわけないですけど、周りの草に茶色のものが出てきたのは、確かかも知れませんね… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2011/08/19 20:06
立秋、涼風至る…かな?
早いものです… 今日は立秋、暦の上では秋。 立秋の初候、第37候は、「涼風至る(りょうふういたる)」… これが今日の昼下がりの空なんですが、暑い夏が過ぎて秋の涼しい風が吹くと言うよりは、カラッと晴れず、水蒸気たっぷりの空、という感じです… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/08/08 21:23
土潤って蒸し暑し…湿った空気な空
東北地方では、記録的な大雨で大変なことになっています… 近畿地方では、幸いお天気に恵まれてはいますけど、なんかすっきり青空というよりは、空をみても水蒸気をたくさん含んでいそうな感じの雲が浮かんでいます。 大暑の次候、第35候は、28日からの「土潤って蒸し暑し(つち うるおってむしあつし)」です… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 17

2011/07/30 20:20
桐始めて花を結ぶ…ヒマワリですけど
今日から大暑、その初候、第34候は、「桐始めて花を結ぶ(きり はじめてはなをむすぶ)」です… 桐って今頃花が咲くんですね。 その昔、女の子が生まれると桐の木を植えて、お嫁に行くときその木で箪笥を作る、という習わしがあったんだそうですが、それだけ成長が早いというわけでしょうね。 桐の木って、軽くって、しかも火がつきにくい、なかなか優れものの材なんですね… ちなみに、以前ツボミだったヒマワリが咲きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2011/07/23 22:06
鷹技を習う…すみません蛾です
小暑の末候、第33候は、18日から昨日までの「鷹技を習う(たか わざをならう)」です… 生まれた鷹が、技を習い始める頃、天気が安定して上昇気流もわき上がっている時期ですから、飛ぶ練習にちょうどいいんでしょうね。 写真は、ゴメンなさい、蛾です。カモフラージュの技の練習中ということで… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/07/23 21:49
温風至る…七夕 コロッケ
今日から、小暑の初候、第31候の「温風至る(おんぷう いたる)」です… というより、「七夕」といった方がわかりやすいですよね。 「温風至る」のとおり、蒸し暑い日が続くし、おまけに今日は1日雨模様。織姫も彦星もまた1年の辛抱です… で、せっかくなので、こんなのいかがですか? 「星形のコロッケ」… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2011/07/07 21:22
菖蒲花咲く…カンナだけど
夏至の次候、第29候は、6月27日から昨日までの「菖蒲花咲く(しょうぶ はなさく)」でした… 今年は、残念ながらショウブの咲く場所には行けなかったので、カンナです。 ショウブとカンナは何となく雰囲気は似てますけど、カンナは大きくいうとショウガの仲間のようですね… このカンナはオレンジ色ですけど、いろんな色がありますよね。カンナもこれからしばらく目を楽しませてくれます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2011/07/02 21:31
乃東枯る…ヨウシュヤマゴボウだけど
夏至の初候、第28候は、22日からの「乃東枯る(だいとう かるる)」です… 「乃東」って、ウツボグサ(靫草)のことらしいですけど、さすがに周りでは見つけられませんでした… その代わりといってはなんですが、ヨウシュヤマゴボウです。 ある意味、ウツボグサ同様、おどろおどろしい草でしょ? でも、ウツボグサとは逆にこれからどんどん成長していきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 5

2011/06/27 19:59
梅の実黄ばむ…すこしおそいかな?
芒種の末候、第27候は、16日から21日までの「梅の実黄ばむ(うめのみ きばむ)」です… 今年の春が遅かったからか、それともこの株がゆっくりしていたのか、とにかくまだ「黄ばむ」ところまではいっていません… 梅の実、ジュースや梅酒なんかにいかが? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/06/27 19:52
梅の実黄ばむ…ビワだけど
芒種の末候、第27候は16日からの「梅の実黄ばむ(うめのみ きばむ)」です… 周りに梅の実がないので、丘に生えている(たぶん自生?)ビワです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2011/06/20 20:15
腐草蛍となる…甲虫だけど、たぶん
芒種の次候、第26候は、11日からの「腐草蛍となる(ふそう ほたるとなる)」です… そんなことないでしょ? と思わず思ってしまいますけど、昔は、スズメが水に入るとアサリになるという時代ですからね。 これは、たぶん甲虫ですけど、カメラアングルが悪いので何だかわかりません… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/06/14 22:01
蟷螂生づ、夏草は虫たちの世界…
芒種の初候、第25候は、6月1日〜6月5日の「蟷螂生(づかまきり しょうづ)」です。 この頃には、他のバッタたちのどんどん幼体が誕生しています。 これは、たぶんショウリョウバッタ。足の雰囲気、そんな感じでしょ? ショウリョウバッタは、その名の通りお盆の頃ピークになるんでしょうね… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/06/14 21:23
麦秋至る…ツボミオオバコだけど
小満の末候、第24候は、6月1日から5日まで… ずいぶん七十二候の記事を書いてませんねぇ。 麦にとっての収穫期は、初夏。このツボミオオバコもそうですけど、金色の穂が輝く頃です… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/06/14 21:15
紅花栄う…ブルーベリーだけど
ブルーベリーの実が、ご覧のように大きくなってきました… 萼だったところが素敵な色になっていますね。日本の色でピッタリの色がないんですけど、「躑躅色(つつじいろ) #e95295 R:233 G:82 B:149」の濃い色、とでも言いましょうか… 小満の次候、第23候は、5月26日からの「紅花栄う(べにばな さかう)」です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2011/05/28 20:10
蚕起きて桑を食う…ケムケムですけど
5月21日から25日までは、「小満」の初候、第22候の「蚕起きて桑を食う(かいこおきて くわをくう)」です… イモムシからサナギへ向かい始める第一歩というところでしょうか? さすがに蚕は近くにいないので… ケムケムで。 あ、毛虫って完全変態ですよね。どんなサナギだったっけ?… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2011/05/24 20:41
竹筍生づ…アスパラだけど
雨後の竹の子といいますけど、春の雨のあとはタケノコがグンと伸びる時期ですね… 立夏の末候、第21候は、5月16日から20日までの「竹筍生づ(たけのこ しょうづ)」です。 タケノコが1日に伸びる高さってすごいらしいですけど… これ、何だかわかります? そう、アスパラです。 放っておくとこうなっちゃうんですね… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/05/23 20:51
みみず出づる…カタツムリだけど
湿り気の多くなる季節なんですねぇ… カタツムリに出会ったのは、今年これが初めてです。 立夏の次候、第23候は、11日から15日までの「みみず出づる」です… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2011/05/17 21:01
蛙始めて鳴く…主人公不在
アジサイもつぼみをつけ始めました… ここにカエルがいると「蛙始めて鳴く(かえる はじめてなく)」。立夏の初候、第19候。5月6日から、10日までです。 ただ、残念ながら主人公不在… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/05/15 21:30

トップへ | みんなの「七十二候」ブログ

無料壁紙ガイド
blogはろるど 七十二候のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる